HOME

NEWS

UFO観測
リポート

C・L・S

PROFILE

MAIL

LINK

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

N E W S

(2012/07/20) 想念を受信しようとする際、あまりに強く激しい関心を持って受信しようとしても、緊張した状態となり、かえって混乱を生み出してしまうことになります。

(2012/07/16) 自我に関わる想念だけではなく、その外側で発生している想念をも追求することによって、本人の知識と感受性は向上するとアダムスキー氏は説いています。

(2012/07/13) 目耳鼻口の四つの感覚器官は、自分自身を通し宇宙の意識を表現するためのツールとしなければなりません。

(2012/07/08) 地球上でも勘が鋭い人などはいますが、自分自身に関わる事について・・・と限定されている場合が多いのでは?自分自身のみではなく、ブラザーズのように広い範囲での印象を受けることができるようになることを目指すことが大切なのではないでしょうか。

(2012/07/06) 目耳鼻口の四つの感覚器官が調和していくようにしなければ、正しい印象を受けることが難しくなるとアダムスキー氏は説いています。

(2012/07/01) その四つの感覚器官は、常に自分が正しいとお互いに主張し合い、争っていることに私たちは気が付き、注意しなければなりません。

(2012/06/30) その自我(エゴ)をつくり出しているのが、目耳鼻口からなる四つの感覚器官だとアダムスキー氏は説明しています。

(2012/06/29) 人間(地球人)は個人の自我(エゴ)に関心を持ちすぎており、印象を受けようとする際、そこに自我からの横槍が入るような感じで、印象が正しく受け入れられず、歪めて受け取ってしまうことが多いのです。 

Copyright (C) 2002-2017 Orthon's Creek. All Rights Reserved.

 

 

 

ARCHIVE

120629〜120720