HOME

NEWS

UFO観測
リポート

C・L・S

PROFILE

MAIL

LINK

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

UFO観測リポート2

(2008/11/15) 2008年11月14日(金)夜8時から約一時間UFO観測を行いました。今回は観測をスタートして何分か過ぎた頃、一つの印象がありました。それは「いつもと同じとは限らないよ」というものでした。これが今日の観測の重要ポイントではと思いながら観測を続けました。8時30分にとりあえず一休みしようとした時にそういえば・・・ということであることを考え始めました。内容はここにはちょっと書けないのですが、ここ何年かの観測ではそのことを考えているときは全く出現はなかったのです。それで安心してというわけではないのですが、あれこれ考えていると突然流星タイプの光体が飛ぶのを確認しました。

(2008/08/04) 2008年8月3日(日)夜7時50分から9時50分、観測を行いました。以前NEWSに書いたのですが、じっくりと取り組む機会がなく、今回は本当に久しぶりにきちんと行った観測と言えるものでした。8時49分に流星タイプを9時7分にもう少しゆっくりと飛ぶ光体を確認しました。出現があったことはもちろん喜ばしいものですが、久しぶりにもかかわらず自分自身がじっくりと焦ることなく取り組めたことが一番の収穫だったように感じます。「信念の力、希望の力、絶対にあきらめない力」が難しいことですが、大切なことでもあります。

(2006/07/29) 昨日7月28日(金)夜8時より10時まで観測を行いました。本当に久しぶりだったので不安な想念も結構出てきますが、学ぶために行うのだと再確認しつつ実行しました。8時30分過ぎにある想念が湧いて来た時にほぼ真上に一等星より明るい光体を発見。南へ移動しながら光を落とし5〜6秒で見えなくなりました。飛行機かとも思い耳をすませましたが音は聞こえず。ただ自身の想念と照らし合わせてみると確率は高いような気もしますが、スピード的には飛行機とほぼ同じだったので微妙な感じで50%というところか。その後9時22分にある想念が浮かんだ時に見慣れた流星タイプを確認し、9時42分にも別の想念が浮かんだ時、同じ流星タイプを確認しました。10時近くなり体力も消耗してきたので名残惜しかったのですが片付けをし、星空を見上げながら感謝の言葉を送っていると、その日で一番はっきりと力強い流星タイプの光体が飛びました。観測を行ったことにより反省点や再確認できたこともあり、今回はとても良い観測が出来たと感じています。

(2005/11/13) 11月12日(土)、夕方6時50分より8時15分までUFO観測を行いました。今回はほぼ1時間後の7時52分に流星タイプを1度観測することができました。観測を行うといつも感じるのは、自身の想念をチェックすることを行うことが大切なのだということです。

Copyright (C) 2002-2017 Orthon's Creek. All Rights Reserved.

 

リポート1

リポート2