[有 パチ夫の館フロントへ戻る][評価点ランキング一覧]

2004年7−9月クール
最終平均評価点ランキング


 ここでは、私がレビューをしてきたドラマの各回評価点を平均した最終平均評価点の大きい順にランキング化したものを掲載します。点数が大きいものほど、私が気に入ったドラマということになります。尚、点数は10点満点での採点です。



総評

 まあ、今クールの特徴は誰もが見ても分かるようにリメイク、パクリ、二番煎じというものが流行。それで、元の作品がよかったせいか、割合、豊作のクールであったように思える。

 まず、「世界の中心で、愛をさけぶ」「人間の証明」はそれなりの満足を与えてくれた作品だった。「逃亡者」も最終回前までは、平均点もトップだったのに、駄作の最終回のせいで大幅ダウン

 まあ、いい作品が多かったといっても、ダメな作品も多かったクールでもあった。「ファンタズマ〜呪いの館〜」は実験的な要素もあるし、深夜帯ということも考慮して、除外するとしても、「南くんの恋人」「東京湾景」は駄作だった。特に「東京湾景」はヒドかった。本物がNHKでやっているというのに、何でそこまで執拗にパクるのか?恥を知れ。

 全体的に言えることだけども、話が1つのドラマを通して完結する続きものが多かったから、話題作が多かった割りにはどのドラマもイマイチ視聴率が伸び悩んだことは少し誤算だったのかな。

順位
平均評価点
最高点
最低点
ドラマ名
講評
1
6.64
8
4
世界の中心で、愛をさけぶ
 よくまとまっていたドラマ
中盤がやや間延びしているが、ドラマ化成功。
綾瀬さんは立派
堤さんの演出もいつも通りうまい
2
6.60
8
4
人間の証明
 なかなか面白かったドラマ
10回の内容であったかは少し疑問ですが、
なかなか重厚なドラマでした。
3
6.5
9
2
逃亡者 RUNAWAY
 最終回が最悪
和製「24−TWENTY FOUR−」は失敗。
脚本の面でも、アクション面でも、
本家「24」とは雲泥の差
4
4.5
7
1
ファンタズマ
〜呪いの館〜
 まあまあの作品
この企画は企画で面白かった
ストーリーに関しては、微妙だったが、
実験的な内容の作品を積極的に作っていってもらいたい。
5
4.1
6
0
南くんの恋人
 最終回が輪をかけてヒドい
脚本が無責任極まりない
演出も非常に細かいところにルーズ
6
2.5
5
0
東京湾景
 最悪のドラマ
ここまでつまらんと思ったのは久々。
こうも堂々と「冬のソナタ」のパクリをやっていいんですか

[有 パチ夫の館フロントへ戻る][評価点ランキング一覧][このページの先頭へ戻る]