[有 パチ夫の館フロントへ戻る][評価点ランキング一覧]

2005年10-12月クール
最終平均評価点ランキング


 ここでは、私がレビューをしてきたドラマの各回評価点を平均した最終平均評価点の大きい順にランキング化したものを掲載します。点数が大きいものほど、私が気に入ったドラマということになります。尚、点数は10点満点での採点です。



総評

 この枠に興味をそそられるドラマがなかったというか、年末がちょっち忙しかったからというか、最後まで見た作品は3本しかございませんでした。申し訳ありません。私があまり興味を覚えなかった「花より男子」とか「熟年離婚」、「危険なアネキ」(内容の評判はボロクソでしたが)なんかが高視聴率を取っていたわけですので、ちょっと選択ミスをしたなあ、と反省しております。

 今クールは実に珍しく日テレのドラマが2つともかなりの強さを発揮したクールでございました。その中でも、「野ブタ。をプロデュース」は話の内容としてもこれといってダメだった回はなく、視聴率を見てみても、実に1クール通して安定した力を見せてくれた。やはり、安定感の勝利だろう。「あいのうた」も視聴率は案の定、低かったが、なかなかいいドラマだった。ただ、一番盛り上がったのが、第7話あたりで、私の目にはそれ以降が若干、盛り下がったかというか、同じ理論の繰り返しというように見受けられた。日テレ以外で唯一、見ていた「1リットルの涙」だったが、各方面での評判はかなり高かったが、個人的にはかなりの面でイマイチ感の抜けない1作であった。

順位
平均評価点
最高点
最低点
ドラマ名
講評
1
6.9
9
6
野ブタ。をプロデュース
 木皿泉の脚本がまず、よかった。
演技・演出も安定していた。
ダメさが見えず、安定感がすばらしい
2
6.7
9
4
あいのうた
 洋子が次第に"あいちゃん"に
変わっていく過程
に感動。
これは好みだろうが、あの結末がちょっと…
3
5.6
8
3
1リットルの涙
 沢尻エリカは実に好演していた
しかし、脚本や演出には
もう少し意地を見せてほしかった
気がする
4
リタイア
5
0
鬼嫁日記
 これほどむかっ腹のたった
ホームコメディー
はなかっただろう。
観月ありさはやはり、ダメだった
5
リタイア
4
1
着信アリ
 予想通り、この枠らしい
実にアホくさいB級の謎解きドラマに…。
この枠の製作方針は正しいとは思えない

[有 パチ夫の館フロントへ戻る][評価点ランキング一覧][このページの先頭へ戻る]