[有 パチ夫の館フロントへ戻る][評価点ランキング一覧]

2006年7-9月クール
最終平均評価点ランキング


 ここでは、私がレビューをしてきたドラマの各回評価点を平均した最終平均評価点の大きい順にランキング化したものを掲載します。点数が大きいものほど、私が気に入ったドラマということになります。尚、点数は10点満点での採点です。



総評

 今クールのドラマは視聴率的にはかなりの冷夏だったが、内容的にもかなりの冷夏だった。視聴率的に盛り上がりを見せた「マイ★ボス マイ★ヒーロー」と「結婚できない男」がそのまま今クールを代表する作品といえるだろう。視聴率的にもコケ気味だったその他のドラマは私見だと、視聴率相応の内容だったと思う。

 W杯があってなのか、この夏はあまりやる気の感じられない焼き直しドラマが多かったように感じる。その中でも、焼き直しに失敗してどんどん埋没していくドラマが多かった。焼き直しの中にも新味な部分を織り交ぜてきた「マイ★ボス」「結婚できない男」がやはり、受け入れられたということなのだろう。視聴率と内容が相関するとは限らないけど、今クールは視聴者もかなりシビアな目でドラマを選んでいたようだ。

 ゴールデンのレギュラードラマとは別に昼ドラ「吾輩は主婦である」も見たのだけど、さすが、宮藤官九郎で、最終的には昼ドラではなく、しっかりと宮藤ドラマになっていた。確実に今クールのゴールデンドラマよりも充実の内容だったはず。

順位
平均評価点
最高点
最低点
ドラマ名
講評
1
6.9
8
5
結婚できない男
 演出・脚本・演技がそれぞれの持ち味を
存分に活かし、しっかり結びついていた
リアルな面とドラマ的な面のバランスも最適。
2
6.7
8
5
マイ★ボス
マイ★ヒーロー
 駄作韓国映画を日本のスタッフが作れば
安心して見れる痛快学園ものに。
粗が多かったのは玉に瑕だが。
3
6.5
8
4
吾輩は主婦である
 昼ドラ「愛の劇場」も最終的には
宮藤官九郎印のコメディに。
全40話飽きがこなかったのはスゴい。
4
5.44
7
3
下北サンデーズ
 「IWGP」の堤×石田のゴールデンコンビの
新作は内容的にも視聴率的にも
寂しい結果
に。話が真っ直ぐすぎたか。
5
5.36
7
4
サプリ
 やっぱり、月9はいつもの月9だった。
結局、何のドラマなのかが判然とせず。
伊東美咲は不要だったような…。
6
4.8
7
2
タイヨウのうた
 あの映画版をドラマにしたら、
どんどん脇道に逸れ、最終的には
作為に溢れたトンデモドラマに。
7
4.7
6
2
誰よりもママを愛す
 ヒネるつもりなど毛頭感じられない
焼き直し全開の家族ものだった。
嘉門家の面々がかなりイタかった
8
4.5
6
2
花嫁は厄年ッ!
 スタッフ・キャスト、脚本上の設定、放送の回数、
すべてにおいて余分が多かったもっと視点を
絞って
やればもう少しよくなっただろうに。

[有 パチ夫の館フロントへ戻る][評価点ランキング一覧][このページの先頭へ戻る]