[有 パチ夫の館フロントへ戻る][過去のドラマ][2006年4-6月クール]

アテンションプリーズ

発売中

仕様
本編全6枚
23,940円

2007.1月放送の
SP版DVD発売決定!



スペシャル
ハワイ・ホノルル編

2007.6/6発売

仕様
特典映像付き
5,040円

1970年オリジナル版
「アテンションプリーズ」発売決定!!


DVD-BOX

出演:紀比呂子、范文雀
演出:竹林進、金谷稔

発売中

仕様
本編全4枚
19,950円
1970年8月23日〜1971年3月28日
TBS系放映

出演
上戸 彩
錦戸 亮 相武紗季
上原美佐 高橋マリ子
七瀬なつみ 大塚ちひろ
笛木優子 大友みなみ
小泉孝太郎 小市慢太郎
浅野和之 井上 順
小日向文世 真矢みき

スタッフ
演出
 佐藤祐市、植田泰史、城宝秀則
脚本
 後藤法子
原案
 上條逸雄
音楽
 菅野祐悟
主題歌
 木村カエラ「OH PRETTY WOMAN」
製作
 フジテレビ
 公式ホームページ
 http://www.fujitv.co.jp/AP/
視聴率
2006.4/18第1回17.7%
4/25第2回14.9%
5/2第3回16.8%
5/9第4回16.0%
5/16第5回15.7%
5/23第6回15.3%
5/30第7回15.4%
6/6第8回16.9%
6/13第9回15.7%
6/20第10回19.2%
6/27第11回16.5%
平均視聴率16.373%
2007.1/13SP版17.2%
上戸彩関連作も気になったらクリック!Amazonへ

ドラマレビュー
このドラマを私は鑑賞しておりません。ですので、ドラマレビューはございません。

放送後の感想
 世間はこういうドラマを求めているんですかね。予想以上に視聴率が好調で驚いた。ここのところ上戸彩のドラマは視聴率が安定してきて、ドラマを作るサイドとしては上戸彩にドラマの主演を任せやすい地盤ができてきたのは認めないといけない。だが、ちらちらと評判を聞いてみても、このドラマは決して評判がよくない。特に、上戸彩の役柄は総じて不評のようだ。あんなチャラけた役だと、逆にJALのイメージダウンにつながるのではないか、という意見もチラホラ。ドラマのコンセプトや役柄などにおいて、製作陣があまりに上戸彩に気を使いすぎなのではないかな。私としては、そこまで気を使うほどの存在ではまだないと思うのだけど。オスカーのことだから、しばらくしたら同系統の企画の作品を製作するのは間違いないでしょう。まあ、願わくは、このドラマを見て、私でもキャビンアテンダントになれると勘違いする女が出てこないことを祈ります

放送前の感想
 1970年〜1971年にかけてTBS系にて放送された紀比呂子主演のスチュワーデス(現在はキャビンアテンダント)として成長していく主人公を描いたドラマの現代版リメイク。オリジナル版は後の「スチュワーデス物語」に影響を与えたといわれるドラマで初めて本格的にスチュワーデスという職業ものに挑んだ作品として有名。まあ、35年も前の作品を今更引っ張り出してくる意図も分からないが、それ以上に主演が上戸彩ってのがね。私は上戸彩に女優的な魅力をまるで感じないので、その時点で見る気が失せる。上戸彩にはこういうコスプレ系統の作品が多いなあ。テニス、バレーのユニフォームの次はキャビンアテンダントか…。これが万が一当たったら、オスカーのことだからコスプレ系統の職業もののリメイク作品を待機させているということでしょうな。演出がドラマ「ウォーターボーイズ」シリーズの佐藤祐市さんということなので、「WB」の女版というような作風になるのでしょうか。さすがに「スウィングガールズ」のドラマ版では能がないので、「アテンションプリーズ」になったというあたりでしょうか(推測)

[有 パチ夫の館フロントへ戻る][過去のドラマ][2006年4-6月クール][このページの先頭へ]