[有 パチ夫の館フロントへ戻る]

ハチミツとクローバー

2006年公開映画版「ハチミツとクローバー」DVD発売中

監督:高田雅博 原作:羽海野チカ
出演:櫻井翔 蒼井優 加瀬亮 関めぐみ 伊勢谷友介

DVD仕様
日本語ドルビーデジタル5.1chサラウンド 16:9LBビスタサイズ
特典映像
2枚組

  • オーディオ・コメンタリー(高田監督×櫻井)
  • オーディオ・コメンタリー(伊勢谷×加瀬×関 &蒼井)
  • 予告編集
  • メイキング
  • イベントメモリアル集
  • 完成披露舞台挨拶
  • 片想い応援!「告白」試写記者会見&舞台挨拶
  • 初日舞台挨拶
  • 恋に効く!「ハチクロ神社」建立式
  • 花本研究室座談会…出演:櫻井・蒼井・伊勢谷・加瀬・関・堺
    映画版の批評はこちらから


  • 出演
    花本はぐみ成海璃子
    竹本祐太生田斗真
    山田あゆみ 原田夏希 真山 巧 向井 理
    森田 忍 成宮寛貴 勅使河原美和子 滝沢沙織
    ローマイヤ先輩 木村祐一 庄田教授 松重 豊
    寺登泰彦 前川泰之 野宮 匠 柏原 崇
    山田大五郎 泉谷しげる 花本修司 村上 淳
    原田理花 瀬戸朝香

    スタッフ
    プロデュース
     瀧山麻土香、鹿内 植
    演出
     谷村政樹、松山博昭、佐々木詳太
    脚本
     金子茂樹
    原作
     羽海野チカ
    音楽
     海田庄吾、都 啓一/河野 伸
    主題歌
     平井 堅「キャンバス」
    放送局
     フジテレビ
     公式ホームページ
     http://www.fujitv.co.jp/hachikuro/
    視聴率
    1/8第1話12.9%
    1/15第2話10.0%
    1/22第3話9.8%
    1/29第4話9.5%
    2/6第5話8.9%
    2/13第6話8.6%
    2/20第7話8.3%
    2/27第8話8.0%
    3/5第9話7.4%
    3/12第10話7.0%
    3/19第11話7.6%
    平均視聴率8.909%
    成海璃子関連作も気になったらクリック!Amazonへ

    ドラマレビュー
    最終平均評価点 5.2/10

    評価点評価点
    放送前の感想-放送後の感想-
    第1話6第7話5
    第2話4第8話6
    第3話5第9話7
    第4話7第10話6
    第5話5第11話2
    第6話4  

    放送後の感想
     始まった当初から、微妙な空気は流れていたのだが、とにかく言えることは最終回の締め方は連続ドラマが陥りがちな典型的なダメダメコースだった。先が気になるような展開は冒頭で簡単にケリを付けて、後はそれぞれのエピソードの事後処理に終始しただけ。どのエピソードもある程度の結論を出すのではなく、それぞれの道をただ歩み始めたというだけで終わってしまっている。視聴率が低迷し、評価も低い本作で続編などありえないのだから、ここにきて曖昧なまま逃げるのではなく、ひとつくらいはハッキリとした結末を示し、最終回らしい山場を見せてほしかった。主要な仕掛けは最終回前にほぼすべて出しつくしてしまい、最終回はただただ話をまとめるだけという連ドラによくあるに落ちたドラマだった。

     本作で演出をつとめた谷村政樹氏は「ライフ」、松山博昭氏は「ライアーゲーム」での成功を買われての抜擢だったのだろうけど、それらの作品は勢いとテンポで押すものだったし、ハッキリとした映像表現が可能だった。しかし、このドラマの場合は、そうはいかない。まず、原作があまりに有名であるというのもネックだった。そして、勢いとテンポで押し切ろうとすると、各回の前半あたりのように軽薄さばかりが際立ってしまうし、肝心の見せ場となるべき部分が若者の抑鬱されたモヤモヤとした感情であり、美大が舞台ということでハッキリとした映像表現よりはよりアーティスティックな表現が求められるはず。脚本も含め、作り手側が得意とするところと原作のもつ特色がかなりすれ違ったという印象を受ける。

     あまりに有名な原作を前に、作り手側はそのプレッシャーに最後まで勝てなかった。ここのところかなりメジャーなコミック原作の映像化が続いており、その知名度を活かし、比較的ヒットにつながることが多いのだが、せっかく映像化権を獲得したというのに、この内容、そして、この視聴率というのはあまりに寂しすぎる

    [有 パチ夫の館フロントへ戻る][このページの先頭へ]


    第11話(最終話) 3/19放送 視聴率7.6% 演出:谷村政樹

    評価★★☆☆☆☆☆☆☆☆ 2

    [有 パチ夫の館フロントへ戻る][このページの先頭へ]


    第10話 3/12放送 視聴率7.0% 演出:松山博昭

    評価★★★★★★☆☆☆☆ 6

    [有 パチ夫の館フロントへ戻る][このページの先頭へ]


    第9話 3/5放送 視聴率7.4% 演出:谷村政樹

    評価★★★★★★★☆☆☆ 7

    [有 パチ夫の館フロントへ戻る][このページの先頭へ]


    第8話 2/27放送 視聴率8.0% 演出:松山博昭

    評価★★★★★★☆☆☆☆ 6

    [有 パチ夫の館フロントへ戻る][このページの先頭へ]


    第7話 2/20放送 視聴率8.3% 演出:谷村政樹

    評価★★★★★☆☆☆☆☆ 5

    [有 パチ夫の館フロントへ戻る][このページの先頭へ]


    第6話 2/13放送 視聴率8.6% 演出:佐々木詳太

    評価★★★★☆☆☆☆☆☆ 4

    [有 パチ夫の館フロントへ戻る][このページの先頭へ]


    第5話 2/6放送 視聴率8.9% 演出:谷村政樹

    評価★★★★★☆☆☆☆☆ 5

    [有 パチ夫の館フロントへ戻る][このページの先頭へ]


    第4話 1/29放送 視聴率9.5% 演出:松山博昭

    評価★★★★★★★☆☆☆ 7

    [有 パチ夫の館フロントへ戻る][このページの先頭へ]


    第3話 1/22放送 視聴率9.8% 演出:松山博昭

    評価★★★★★☆☆☆☆☆ 5

    [有 パチ夫の館フロントへ戻る][このページの先頭へ]


    第2話 1/15放送 視聴率10.0% 演出:谷村政樹

    評価★★★★☆☆☆☆☆☆ 4

    [有 パチ夫の館フロントへ戻る][このページの先頭へ]


    第1話 1/8放送 視聴率12.9% 演出:谷村政樹

    評価★★★★★★☆☆☆☆ 6

    [有 パチ夫の館フロントへ戻る][このページの先頭へ]


    放送前の感想
     羽海野チカ氏原作の美大を舞台にした大ベストセラーコミックをドラマ化。ドラマ化よりも先に、2006年には映画化もされている。そのときに主要メンバーを演じたのは、櫻井翔さん、蒼井優さん、加瀬亮さん、関めぐみさん、伊勢谷友介さんと、かなり強力な面々。それに比べると、このドラマは随分と若手を起用している。特に、成海さんは中学生というのに、美大生を演じる。まあ、この子は大学生に見えちゃうんだろうけど…。スタッフも、脚本は「プロポーズ大作戦」の金子茂樹氏、演出は「ライフ」の谷村政樹氏、「ライアーゲーム」の松山博昭氏と、かなり若々しい布陣。土曜ドラマを一気にメジャーに押し上げた2つのドラマのチーフDが演出するので、映像自体は面白いものになりそう。映画版でも原作ファンからは賛否が出ただけに、このドラマ版への風当たりも大きいはず。そこを若い力がどう立ち向かうかがポイント。この布陣であれば、土11枠がお似合いかもしれないけど、土11枠好調の影響でゴールデン昇格といったところなのかな。

    [有 パチ夫の館フロントへ戻る][このページの先頭へ]