[有 パチ夫の館フロントへ戻る][ドラマレビューの館][過去のドラマ][2005年4-6月クール]

曲がり角の彼女

発売中

仕様

本編全6枚
23,940円
特典
  • 制作発表
  • 放送直前ブームアップ番組
  • 前半の総集編番組
  • クランクアップ映像
  • 「曲がり角の彼女」めざましバージョン
  • 予告集

  • 出演
    大島千春稲森いずみ
    三原なつみ釈由美子
    甲本一樹 要 潤 川岸えり子 青木さやか
    三宅修二 金子貴俊 甲本 椿 石川亜沙美
    真鍋健蔵 佐戸井けん太 谷村 誠 高知東生
    堀内夕子 三浦理恵子 一条杏子 川島なおみ
    堀内正光 伊原剛志

    スタッフ
    演出
     新城毅彦、池添博、二宮浩行
    脚本
     後藤法子
    主題歌
     shela「Dear my friends」
    製作
     フジテレビ
     公式ホームページ
     http://www.ktv.co.jp/chiharu33/
    視聴率
    4/19第1回16.1%
    4/26第2回12.9%
    5/3第3回12.3%
    5/10第4回16.7%
    5/17第5回15.7%
    5/24第6回15.1%
    5/31第7回12.5%
    6/7第8回13.7%
    6/14第9回14.5%
    6/21第10回14.4%
    6/28第11回15.0%
    平均視聴率14.445%
    稲森いずみ関連作も気になったらクリック!Amazonへ

    ドラマレビュー
    このドラマを私は鑑賞しておりません。ですので、ドラマレビューはございません。

    放送後の感想
     このドラマは予想に反して、視聴率がよかった。「曲がり角の彼女」は視聴率では及ばなかったものの、日テレの「anego」と同じ負け犬ドラマということで、当初はここまで売れるとは予想もしていなかった2つのドラマが相乗効果を示したのか、両者、大健闘。キャストの地味さという障壁を打ち破ったということは、ドラマ好きの女性を惹きつけるだけのストーリーの力があったちゅうことか。それはそうと、このドラマの視聴率の推移はよく分からない。第4回で急反発したかと思ったら、最終回に盛り返すでもなく、そこそこの数字で終了。第4回に一体、何があったのかなあ?

    放送前の感想
     稲森いずみがずいぶん久しぶりにフジテレビのドラマに主演する本作。タイトルの"曲がり角"とは、人生のターニングポイントのこと。稲森さん扮する主人公は33歳でまさに曲がり角で、負け犬30代を抜け出すためには…、というコメディ。そして、毎回、20代の釈ちゃんとの30代VS20代のバトルシーンもあるのだそうで。どこのテレビ局もネタに困ったら、この手の話やっていないか?ネタにつまって、原点に返った「みんな昔は子供だった」はコケたし、この話も典型的なものだから、コケる可能性は大きい。主演を稲森さんにしたというのも、「みんな昔は〜」の国仲ちゃんと同じで危ない賭け。これは視聴率悪そうな予感がするなあ。大丈夫か、関西テレビ!4月からはそれほど暇ではないので、残念ながら見ることは断念します。

    [有 パチ夫の館フロントへ戻る][ドラマレビューの館][過去のドラマ][2005年4-6月クール][このページの先頭へ]