累代表記について

クワガタ業界の累代表記については、以前からF値などの異論が唱えられていますが、
未だに統一した累代表記がなされていません。

クワガタ業界では、WILD=『野外採集個体』と表記していますが、WILDという言葉は、
遺伝子学には用いられません。
また、クワガタ業界でいわれているの『F0』は遺伝子学での『F0』とはまったく
違う意味で使われてるそうです。
遺伝子学で『F0』は、突然変異個体あるいは遺伝子学的操作を受けた個体を意味する為、
自然界では突然変異個体以外は『F0』は存在しないのです。

累代繁殖

 累代繁殖とは、同血統交配(インラインブリード)の代を重ねた繁殖を言います。
良性遺伝子(長所)を持つと思われる同血統を交配し、良性遺伝子をもつ子孫の発生率を
高めることが累代繁殖の目的ですが、その反面、親が良質な遺伝子だと思われるケースでも、
粗悪な劣勢遺伝子(短所)を持っていれば、代を重ねるにつれ粗悪な遺伝子をもつ
個体の発生率は上昇します。
そのため、その発生率を低下させる為、他血統との交配(アウトラインブリード)を行います。

遺伝子学的基本概念

@FとはFilial generation(子世代)の略であり、同血統ライン交配
 (インラインブリード)の累代数を表現したもの

Aインラインブリードを繰り返して、初めてF値は進行する。

BインラインブリードのFx表記は親の累代数の多い方を優先する。

C別血統ライン交配(アウトラインブリード)第一世代は、
 親の世代に関係なくF1と表記する。

あくまで一般的なクワガタ累代表記

累代記号 説         明 備考
WD 野外採取成虫、WD=WILD=ワイルド  
F0 野外採集幼虫、又は野外採集幼虫が成虫になったもの  
WF1 野外採集交尾済み♀の子供  
F1 野外採集♂x野外採集♀(WDxWD)の子供
♂(F0)x♀(F0)の子供
♂(WD)x♀(F0)
♂(F0)x♀(WD)
 
F2 同血統の
F1×F1 WF1×WF1
 
F# 同血統♂x♀の
累代数の大きい方の数字+1

例:
F1xF1=F2
F2xF2=F3
F1xF3=F4
 
CB 同産地、別血統の配合
CB=Captive Breed(管理下繁殖)

アウトラインブリードの1代目をCBF1としている
例:CBF1xCBF1=CBF2

※遺伝子学的には???だと思いますが、
 アウトラインを識別する為には良いのかもしれませんね。
CB表記を使う人と使わない
人がいるのも混乱を招く
原因となっている。

アウトライン1代目をただF1と
表記する人も珍しくありません
ので、生体を購入する場合は
確認が必要ですね。
 
HB 産地の異なる親から生まれた子
(♂山梨x♀能勢など)

HB=Hybri Breed(交雑繁殖)
本来は異種交配を行った
子供をさすが、クワガタ業界
では、別産地の交配を行った
子供をさす。
クワガタ業界では、標本のほうが、ブリードよりも歴史が古いため、標本家の
『ワイルド(野外採集個体)が最も貴重』との価値観が浸透し
『累代が進んだクワガタ=価値が無い』様に扱われています。
しかし、それはとてもおかしな話で、違和感を持っている方も多いのではないでしょうか?
ほとんどのブリーダーの方は大型や、極太などの自分の理想の形を出したくてブリードを
しているはずです。
なのに、ブリードをすると価値が下がっていく?。おかしいですよね?
それではブリードする意味がありません。
たしかに『ワイルド個体は貴重』ですが、

『自分が数世代に渡り作出した個体』はもっとも価値がある
と私は思っています。