簡単産卵セット

〜オオクワの産卵木を埋め込まない産卵セット〜

アグスおすすめの超簡単お手軽爆産セットの紹介です。

クワ友の爆くわさんから教わってから、国産オオクワはいつもこのセットです♪
国産オオクワの他、ホーペ、台湾オオクワもこのセットで産卵しています。

まず、材が1本ぎりぎり入る位の小さいケースを用意します。
ケースは透明又は半透明のものの方が、産卵状況の確認が
簡単にできます。

ケースの中に1センチ程度マットを敷きます。
マットを厚くすると、♀が休んでしまう事があるので、マットは
単なる足場として薄く敷きます。

マットは広葉樹のマットを使います。
産卵木は半日ほど加水して、半日ほど日陰で乾燥させる。
産卵木は堅い物よりやや柔らかい位の方が産みが良いです。

ケースに産卵木とゼリーをセットし、ペアリング済みの♀を入れる。
(産卵木は埋め込みません)
温度は25℃以上が良いと思います。

※埋め込んだセットより、♀はゼリーを沢山食べますので
 ゼリーは多めに入れましょう。

セット期間は囓り具合を見て、1〜2週間で産卵木を交換します。
取り出した産卵木は、乾燥しない様に他のケースで保管します。

1〜2週間後には左の写真の様になっています。
こんな感じで産卵木1本で大体10〜15位産卵しています。
1本で20以上の爆産もあります。

産卵木3〜4本で40頭以上は幼虫が採れます。


このセット方法の良いところは...
1.産卵状況がケースの外から簡単に確認できる。
2.♀の気に入らない材(産卵しない)が、確認できるのですぐに対処できる。
3.1本のセット期間が短いので、割り出し時の幼虫に成長差が少ない。
4.通常のセットより産み始めが早い。
5.簡単
6.場所をとらない