レイバンサングラスプロショップ
AI-HIKINO (メニューページ) <ご注文のページ> <店頭と店内写真>


ウェイファーラーのご説明

    

     当社では現在、@BCDの4タイプのウェイファーラーを販売しております。                        

   
    @ ウェイファーラー      (アメリカ、ボシュロム社製、製造終了)   欧米向け
     A ウェイファーラーFE    (アメリカ、ボシュロム社製、製造終了・販売終了) 極東向け
     B ウェイファーラーRB2113(イタリア、ルクソティカ社製、現行品)   欧米現行品
    C ウェイファーラーRB2132(イタリア、ルクソティカ社製、現行品)   現行品
    D ウェイファーラーRB2140(イタリア、ルクソティカ社製、現行品)   現行品



   違いを以下の写真で比べて見ますと、
          
             @                  A                  B
          ウェイファーラー          ウェイファーラーFE         ウェイファーラー
      (アメリカ、ボシュロム社製)    (アメリカ、ボシュロム社製)   (イタリア、ルクソティカ社製)

    
            前側からは微妙に形は違うが、区別はほとんどつきません。

    
                 傾斜:傾斜角はFEだけが明らかにゆるいです。

    
                 鼻:鼻あて部分はFEが大きく盛られています。


  ※追記:Bウェイファーラー(イタリア、ルクソティカ社製)はバネ蝶番使用となっております。
       また、ウェイファーラーUはサイズが違う(54mm)だけで、事情は全く同様にお考えください。

       FEとはFAR EAST(極東向け)という意味で通常日本、中国、韓国、タイ等を指しますが
       当時のレイバン市場ではほとんど日本向けと考えてよろしいかと思います。     


  ご説明:1994年まで@ウェイファーラー(アメリカ、ボシュロム社製)とAウェイファーラーFE
       (アメリカ、ボシュロム社製)は、日本市場で販売されていました。
       また、Bウェイファーラー(イタリア、ルクソティカ社製)はほとんど輸入されていないのが現状です。


      以上、ウェイファーラーについてのお問い合わせが多いため説明させていただきました。

ご注文はこちらから→
※再度商品名・商品番号等の確認をお願いします。
レイバンサングラスプロショップ AI-HIKINO