二股ラヂウム温泉


二股ラヂウム温泉

■施設名   二股ラジウム温泉
■値段    500円
■住所    北海道山越郡長万部町
■電話    
■時間    
■定休    
■その他
■訪問日   1998/05/04  

 

函館を夕刻、レンタカーのフェスティバで出発し、長万部から山に入った二股駅前で車中泊しました。
馬鹿げたことしている自分にご満悦です。
車中では持参の焼酎とつまみで酩酊。後部座席で縮こまって寝袋にて就寝。寒くて寂しいけどご機嫌です。

翌朝は勤勉にも、朝4時起床。
朝霧の中、寒いしやることもないし、めざす二股ラヂウム温泉に向かいます
山のガケ肌に建てられたUFOかトーチカのような、名物建物を駐車場から眺めます
時間はまだ5時。
外来入浴は7時からとのことですがキタキツネに残飯を与えている女将に入浴をお願いするとあっさりと認めてくれました。ラッキー♪ 旅はこれだから楽しい。

傾いたような廊下を歩いて混浴トーチカ風呂へ。
析出物で湯舟から何から真っ茶色のまるで煉瓦だ。
露天風呂では析出物で出来た茶色い大斜面と道南の森林を眺めての入浴です。
この浴場も長いことはあるまい。この古いおんぼろ奇天烈状態に入浴できたことに感謝。

追記
その後、ここ二股ラヂウム温泉は経営者が変わり新しくきれいな建物に変わったようです。生きてるうちに再訪してみたいな〜

 

 

 

北海道の温泉に戻る   太宰楼トップ