那須湯本温泉


那須湯本温泉  滝の湯共同浴場

雪と青空と冬枯れに意外とマッチしている 湯気と入浴客にじゃまされてようやく一枚撮れた

■施設名   滝の湯
■値段    組合員専用 組合加入施設宿泊者は入浴可
■住所    栃木県那須郡那須町湯本
■電話    0287-76-2619(那須観光協会)
■時間    5:00〜23:00
■定休    
■その他   
■訪問日   2005/01/02  2005/01/03 

酸性明礬泉 
行人の湯源泉
69.9℃ 
白濁硫黄臭酸味

滝の湯は民宿街の中ほどにあります。なんだか洒落たログハウス風の外観ですが内部は至って正統派の共同浴場です。
下手にある川原の湯に比べて、一回り大きめの浴場はいつも人がいます。源泉は全く同じなのですが、こちらのほうが大きくて近くて、源泉から近いから湯の鮮度が良いとのことです。
やはり洗い場にはカランなどありません。加水は一切せずに湯量の調節だけで温度を調整します。洗い場の一角にはぬるい透明な湯がだばだば木枠に注がれていてそれで身体を洗ったりします。しかし、この湯が何でぬるいのか、入浴者に聞いてみると、「これは明礬泉の方だ」とのこと。真偽はよく判りません。
ここの、簀の子状に板を組んだ洗い場の形状はなかなかみごとです。こんな立派な浴場にタダで入れるなんて幸せです。ちなみに私は3回入浴しましたが、白濁硫黄臭の湯はすばらしいの一語。
お湯は、二つの湯舟中央にある湯溜め槽から、浴槽に均等にお湯が注がれているのですが木栓をゆるめたりして注ぐ量を調節します。
早朝の5時、緑色のタオルを持った車中泊ペット同伴温泉めぐりの(真冬の今回は民宿泊)のおじさんとの温泉談義も思い出深く、ああ、こんな湯治の湯めぐりは何て楽しいんだろう、そう思わずにいられませんでした。
緑色のタオルのおじさんは、この那須湯本に通ううち肝臓機能の数値も治ってしまったよ、といって笑いました。おじさんは熱い湯が好きだからといって、奥の浴槽を熱くします。48℃くらいになったでしょうか。
みんな熱くてなかなか入れません。私は入れました。得意です。
外はまだ真っ暗です。雪はがちがちに凍り、家々の軒先にはつららがびっしり。
寒くて真っ白な那須湯本が好きになりました。
 

 

 

 

戻る   太宰楼トップ