檜枝岐温泉


檜枝岐温泉 駒之湯

檜枝岐温泉 駒之湯外観 

■施設名   駒之湯
■値段    500円
■住所    南会津郡檜枝岐村葮ケ平
■電話    
■時間    6:00〜21:00
■定休    
■その他  
■訪問日   2005/09/23

アルカリ性単純温泉
62℃  PH8.6
304リットル/分
成分総計5675r/s

かつて檜枝岐は陸の孤島とも呼ばれ、それはそれは淋しい集落だったようです。
現在でも、やはりここが山深い里であることにかわりはありません。

この日わたしは新潟側から山を越え谷を越え、長い長い道程で檜枝岐にたどり着きました。
寒村だとばかり思っていた檜枝岐の町の灯がとても暖かく感じられました。

檜枝岐には公衆浴場が二つあります。
私は役場近くの駒の湯で入浴を致しました。
今や尾瀬ハイキングの拠点となっている檜枝岐だから、駒の湯もこ洒落たそれなりに立派な施設です。

夜八時近くでも観光客がたくさん入浴しています。
内湯は、十人はゆうにはいれるなかなか大きなお風呂です。
加水、加温、循環濾過、塩素殺菌がありますが
身体を洗うには良いと思います。
露天は内湯から出たテラスの位置にあります。
会津のひんやりとした空気と夜霧が気持ちいいです。

何れもお湯に特徴は感じませんが、昔から憧れていた檜枝岐の地で入浴が出来、おまけに野宿も出来て大変うれしかったものです。

 

 

 

福島県の温泉に戻る   太宰楼トップ