大塩温泉 


大塩温泉 共同浴場

■施設名   大塩温泉 共同浴場
■値段    200円以上
■住所    福島県大沼郡金山町大字大塩字休場3103-1
■電話    なし
■時間    7:30〜21:30(12時より加熱)
■定休    
■その他   駐車場数台
■訪問日   2005/05/04

含二酸化炭素-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉
大塩第4源泉
37.7℃
PH6.5
成分総計12502r/s

 

大塩温泉の共同浴場には驚きました。
扉を開けて先ず眼に飛び込んでくるものは、玄関の向こうに広がる洋間と和室です。
まるで地域の公会堂です。
あるいは、それも兼ねているのでしょうか。

肝心の浴室へは階段を下ります。
立地が只見川に沿った河畔ですから、源泉近くに造った浴室へは下って行くのです。
源泉を大切に使っていることが分かります。
玄関から階段、脱衣場までは比較的明るく、特に土着的古さを感じさせないのですが
浴室にはいって、その様相は一変します。

浴室だけは色合いが違います。
薄暗く、無骨なコンクリートと板壁。床や浴槽の縁は温泉成分が付着し、美しい色合いになっています。
まるでタイムスリップしたみたいです。
この浴場だけは古いものをそのまま利用しているのかもしれません。

それはさておき、
朝から晩まで、たったの200円でこの良質な湯と、静謐な空間が楽しめるのは、うれしくありがたいことです。
源泉が37.7℃。昼の12時からは加熱をするようですが、気候の良いときには加熱せずとも充分です。
灰色に濁った湯は炭酸とナトリウム分を多く含みます。
極上の入浴感です。
加熱をしても40℃。長湯むきです。
窓から只見川を見下ろし、床にあぐらをかいて、お湯と雰囲気を満喫しました。
次の予定がなければ、終日、のんびりしていたくなりそうな
そんな素敵な共同浴場でした。

 

 

 

福島県の温泉に戻る   太宰楼トップ