玉梨温泉


玉梨温泉 共同浴場

こころおちつく無人極上の浴舎 虚飾を廃したすばらしい浴場です

■施設名   共同浴場
■値段    100円以上
■住所    福島県大沼郡金山町大字玉梨
■電話    なし
■時間    24Hらしい
■定休    不定らしい
■その他   来たときよりも美しく
■訪問日  2005/05/04

炭酸水素塩温泉
45.2℃  PH6.5
町営源泉使用
成分総計3699r/s
やや濁り 湯舟切れ込み式 かけながし 

野宿したこの日、朝風呂は玉梨の共同浴場でときめていました。
五月とはいえやはり会津の朝は冷えます。
縮こまって固まった身体を、とろとろの炭酸水素塩泉で溶融させることが至福でなくていったいなんというのでしょう。
しかも玉梨共同浴場はひなびた温泉地の川沿いにひっそりと建つ無人の浴舎なのです。

折しも玉梨の桜は満開。
こんな湯巡りが私は一番好きです
朝の七時。
私は小さな小さな玉梨の湯小屋の扉ををがらりと開けました。
果たして誰もいません。

何の変哲もない四角い浴槽と、コンクリートの洗い場は温泉成分で変色し美しい色合いを見せて居ます。
無人の浴槽にどぼどぼ注がれ続ける湯は、また同じ量だけどぼどぼとあふれてゆきます。
まさに正しい温泉風景です。
なんと贅沢な光景でしょう。
加熱も加水もしないお湯は44度。
少し濁った薄茶灰色の湯は、それはそれは極上の浴感です。

たったひとり心ゆくまで極上の共同湯を堪能します。
奥会津の清流沿い、宝石のような小さな共同浴場でこの日、私は神様とおはなしをしました。

 

 

 

福島県の温泉に戻る   太宰楼トップ