鳴子温泉 東鳴子温泉 


 

鳴子温泉 東多賀の湯

この浴室はいい。断然いい! 隣にスーパー。自炊滞在してみたい

東多賀の湯 500円 宮城県鳴子町 2003/09/11

湯治旅館です。皮膚病の名湯とのこと。
新しい建物ながら浴場は板張りで風情在る造りです。
ガス抜きのため板の間に空気穴もあります。うーむ、鳴子恐るべし。
見ての通り白濁硫黄臭ながらアブラ臭苦エグ味という濃い効きそうな湯です。
40度のぬるめの湯だけにまったり浸かりたい湯です。
ケロリン桶につく析出物は凄いです。
浴室前の小さなあがり座敷は数人が寝ころんで休息中。
これぞ、湯治宿の光景。宿の方の温泉および湯治への思い入れがそこはかとなく伝わってくる宿でしょう。

 

 

 

 

鳴子温泉 農民の家

農民の家という名前には震撼させられた    画像募集中です   

農民の家 500円 宮城県鳴子町 2003/09/11

音に聞く農民の家は巨大施設ながら超B級空間。
実はこういう雰囲気はけっこう好きです。
浴場が何カ所もあり、混浴大浴場、硫黄泉、やすらぎ気泡泉という3ヶ所に入浴。いずれも白濁硫黄臭。楽しいところです。
文字どおり、近在の爺ちゃん婆ちゃんのやすらぎの湯。混沌とした鳴子温泉デパート。

 

 

 

 

鳴子温泉 滝の湯

写真がないので鳴子の潟沼です。 左に同じ。滝の湯写真募集中です

滝の湯 150円 宮城県鳴子町 1997/06/07

ご存じ鳴子の代表格共同浴場です。
うたせもあるし白いお湯は気持ちいいです。
ただ、次々に人が来る割に脱衣場が狭苦しかった記憶あります。
でも、ここが東日本を代表する共同浴場のひとつであることは確か。

 

 

 

 

東鳴子温泉 高友旅館

向こう側にも別の浴槽がある。こちらは透明黒っぽい湯 ラムネ湯の泡はおおきい。

高友旅館 500円 宮城県鳴子町 2003/09/11

東鳴子の名物風呂に挑戦した私は写真左の黒湯(この日は黒でなく緑だった)にノックアウト。
強烈なアブラ臭と激熱に数秒で退散。
表面には膜が張り、ぷくぷくと泡がはじける様は圧巻です。
むんむん来るようなオーラを放っている湯でした。
右のラムネ湯も熱いのですが黒湯に比べると多少ライトかな。
泡はこちらは大きめ。これだけ高温でこの泡はもしかして凄い湯なのではないでしょうか。
もういちどゆっくりと楽しんでみたいところです


戻る トップ