祖谷温泉


祖谷温泉 ホテル祖谷温泉

私はこの勾配を見て一瞬、入浴を止めようかと思った みんなまったり

■施設名   ホテル祖谷温泉
■値段    自遊人クーポンで無料 通常は1500円らしい
■住所    徳島県三好郡池田町松尾字松本367-2
■電話    0883-75-2311
■時間    7:30〜18:00
■定休    
■その他   
■訪問日   2005/03/19

単純硫化水素泉
39.3℃
1500g/分
掛け流し

祖谷温泉といえば、いわゆる「秘湯」の代表的存在のひとつです。
日本三大秘境ともいわれる徳島県祖谷渓に位置する一軒宿。
露天風呂へは急傾斜の崖を宿専用のケーブルカーでゆくのです。
谷底の露天風呂からは渓流がすぐ目の前。
あまりにおあつらえ向きに秘湯の条件がそろいすぎて居て、へそ曲がりの私はかえってうさん臭くおもっていました。
今回はじめてここを訪問するにあたり、ひとつここは私の厳しい目で確かめてやろうとおもいました。

四国というところは、山が深く、その標高も高いため、なかなか険しい山道がつづきます。
まるて中部山岳地帯の山道みたいです。
なるほどこれはたしかに秘境といえるでしょう
断崖にぽつりと建つ宿はなかなかグレード高めのお宿のようです。
通常の入浴料金が千五百円では一生縁がないと思っていたのですが、無料パスポートのおかげで、入浴がかないました。

さて肝心の露天風呂へ向かいます
噂どおりケーブルカーにのります。
凄まじい急傾斜です。真っ逆さまといった感じです。私にはかなり怖いような気もします。
もしもケーブルが切れたらみんな死ぬのでしょうか
それでもどうにか谷底に無事到着してケーブルを降りると、あたり一面にうっすらと茹で卵のような匂いが漂っていました。
この匂いを嗅ぐと私は興奮するのです。

勇んで浴場にむかいました。
岩組みの露天風呂には39度の大量の湯がまさにどはどば注がれています。
硫黄の匂いも申し分なく、何よりも湯船が微小な泡で白濁して見えます。
すばらしい光景です。
ひとたび湯に浸かればアワアワがびっしりと身体にまとわりつき、香しい匂いと谷間の景色にまさにうっとり。
温泉ファンならやはり一度は訪問する価値があるところだとおもいます
 

 

 

 

四国の温泉に戻る   太宰楼トップ