囲碁サロンめいえん
禁煙      磐田市今之浦1-4-2 TEL0538-33-0035
HOME(碁雲ルイの情報室)



主宰 梅艶(めいえん) 中国棋院棋士二段

師範 伊藤健良(いとうけんりょう) 日本棋院棋士二段

顧問 碁雲ルイ(ごくもるい;亀沢豊)アマ六段格


 囲碁サロン 子供教室営業案内
○ 会員・生徒募集中 問い合わせは☎
0538-33-0035、📞090-6648-2115(めいえん)


====『連絡事項』===========

□めいえん中国遠征

5月16日~20日柳州、6月7日~12日杭州、無錫

教室はお留守番がいるので、普通通りに営業します。

□リレー碁の案内

第二回リレー碁参加案内;本年四月より始まったリレー碁のチームを募集します
 

日本リレー碁協会案内

囲碁サロン





子供教室



めいえん研究会





====『活躍のひろば』=========

■速報 中国都市囲碁リーグ 日本(大阪創新生物チーム)初戦を飾る!
 5月18日中国柳州にて開催された対台北チームに勝利、次に対戦した福州チームにも
 勝利した。

結局5月18,19日の二日間で3勝1敗の好成績で開幕式対戦を終えることができました。
今後の活躍が楽しみです。

■第二回リレー碁 第2回開催

 5/12 めいえんチーム好調!

■英龍、貴祐全国大会へ!

第39回 文部科学大臣杯少年少女囲碁静岡県大会(5/3開催)において

小学生の部で竹内貴祐くんが、中学生の部では紅林英龍くんが優勝。全国大会(7/30)
に駒を進めることになりました。

お・め・で・と・う!!

■2018中国都市囲碁リーグ 大阪創新生物チーム発足

スポンサー 杭州創新生物検控技術有限公司



チームロゴ



陳功祥社長と契約式にて




チームメンバー紹介
 結城聡九段 河英一六段 佐田篤史三段 西健伸二段 渡辺由宇初段
 大川拓也初段 紅林梅艶二段 西山静佳初段 岩田紗絵加初段
 江村棋弘7段 佐藤洸矢6段 紅林英龍5段
                                    
結城聡九段

佐田篤史三段          佐藤洸矢6段
        

 
■英龍全国大会三位!!
 3月30日に開催された「ボンド杯争奪第21回全日本こども囲碁チャンピオン戦」において三位に入賞。小学校生活を有終の美で飾ることができた。
これもひとえに母である梅艶先生の英才教育と本人の日ごろの鍛錬のおかげである。



■囲碁サロンめいえん 開設して18年めいえん名人リーグ戦は100回を数えました。

〇第100期名人戦(2018年1月3日~3月31日)
入賞順位 鈴木彬之 簗瀬久志 谷脇襄 峰松範子 山下高典 鈴木和夫 鈴木恒治 村井郁夫 鈴木秀紀

〇第100期名人戦記念ペア碁(2018年2月)
優勝ペア 大阪弘・鈴木隆司  準優勝ペア 山下高典・朝妻傳


〇第100期名人戦記念三人連碁(2018年3月) 優勝 戸田範夫・村井郁夫・朝妻傳チーム

〇第101期名人戦(2018年4月3日~5月31日)
若獅子戦(2018年1月3日~4月1日) ベスト3 伊熊理一郎 伊熊真之介 斉田こころ



■世界囲碁まつりin静岡閉幕(2/18)
2/11から始まった世界囲碁まつりin静岡は世界13か国、4500人の参加を得て成功裏に終わった。
イベントの中心的役割を果たした梅艶先生とその助手たち、青木哲也、伊藤健良、佐藤洸矢、出沢良樹は初めての経験ながら見事にやり終えることができた。




めいえんの可愛い生徒たち
団体戦(一橋大学囲碁部vs中遠支部)
メイン試合
マスターズ戦(ネットライブ中継された)
100面打ち
日中韓棋士研究会
指導碁
ペア碁
竹千代杯

リレー碁(日中韓プロ、アマ強豪デモンストレーション)
表彰式
晩餐会

■都市囲碁リーグ閉幕式に参加して(亀澤)12/23,24

 上海経由成都に到着したのは前日の午後5時、時差は一時間というが成都は北京からずっと西にあるので太陽の位置から考えると時差は二時間くらいある。
さて、閉幕式に合わせて各地区からアマチュアチームが集まりリレー碁の大会が開催された。
日本からは静岡シンウン(金を三つ、雲)チームが参加、メンバーは佐藤洸矢(2017静岡県囲碁選手権者)、紅林英龍(小6)、亀澤の三人。総勢95チーム、およそ450人の選手、コーチが5回戦を戦った。

結果は我々のチームは不戦勝も含め、2勝3敗。おしい半目勝負もあったが皆さん強い。


写真は勝ったときの笑顔。




表彰式は最後になったが、年間優勝チームは忂州弈谷チームで1500万円をゲット。



梅艶先生の活躍が認められ、大阪鑫雲(シンウン)チームの最優秀ホーム試合賞と最優秀宣伝賞を受賞した。
写真は最優秀宣伝賞の受賞の様子。幅20m、高さ4mの大型スクリーンに映し出され、人が小さく見える。
このように財界の支援の下「都市囲碁リーグ」は活発な1年を終えた。
来年はさらにメンバーを強化し(本戦はプロ、アマ、女子の混合チーム)、成績上位を狙う決意を梅艶先生は表明。
期待したい。






(過去の活躍のページ)

HOME(碁雲ルイの情報室)