碁雲ルイ囲碁上達の秘訣

一般的アマの上達の軌跡では碁を始めてから今までやってきたことを書いたが、結論は熱心に集中することであると一言で終わらせてしまったので、もう少し具体的にポイントになることを書いていきたいと思う。

子供たちの進歩は目を見張るように速いが、それと同じプログラムを大人にした場合どうなんだろうと思っているが、覚えが悪い分時間はかかるだろうが前進することができれば儲けものである。

その実験はまだなので、そのときが来たら報告しようと思う。

ここでは自分が中年になってからやってきて、これは効果があったというものを書き出してみる。

1.詰碁
 プロの多くが詰碁をやれば強くなると言う。ありふれた上達の秘訣の定番となっているようで、最近はもっと変わった言い方をしているプロもいるほどだ。
 それはアマの指導碁をしていると一目分かるような変化を見過ごして、指導しているプロにいい思いをさせているからだと思う。
私も置き碁を白の立場でやるとき、「こう来られたら白ツブレだな」という局面を見逃してもらい勝負を先に延ばさせてもらうことが多々ある。ま置き碁だからそうなんだろうことはそう言えるが、この点詰碁をやればヨミの力がついてくる、ということで上達の秘訣の一番に上げた。
 確かにそうだと思う。私も詰碁は嫌いだった。中級の問題といっても解けない。どう考えていいか分からないのだ。一手一手しらみつぶしに当たっていっても正解が解らない。
 
 今振り返ると、詰碁はやはり易しい問題をたくさんやって少しずつ難しい問題にチャレンジしていくという形だなと思う。
一手の詰碁とか、三手の詰碁とか、そうすると同じ手筋のものが何度か出てくる。そうすると一目見て、ああこの筋だな、と解ってくる。

 筋をいろいろ覚えてきて実際の死活でその筋を応用できることも一つの効用だが、もう一つの効用はヨミの力がついてくることである。
最初は、読んでいても数手先から頭の中の石の配置が消えてしまい、全然先に行けない状態だった。それが少しずつ、白黒の石が頭に思い浮かぶようになってきた。これが読めるということかなと思う。
今年発行された依田名人の「依田ノート」では、基本死活を一目でパッとわかるよう覚えるといい、と言われている。私もまだそこまでいっていないのでそれをやればまた強くなるかとトイレの棚にさっそく武宮の実戦の死活と趙 治勲の基本死活事典を置いて、見ている。
「覚える」んだそうだ。いろいろ考えずに基本は覚えてしまうということだろう。

  2.手筋
    ヨミの力は囲碁の強さにはっきり表れてくる。アマチュアの碁は(プロに近いアマチュアは別。一般的アマ)このヨミの力が勝敗を決することが格段に多いだ  ろう。そのヨミの力をつける上で詰碁の次に手筋だ。詰碁に比べ手筋は取っつきやすかった。案外みなさんもそうだろうと思う。
  変化が少ないからか。また種類もそんなに多くないように思える。
 
   呉清源と瀬越憲作の手筋辞典は泥臭くてヨミの練習にもなる。
  プロのほとんどは手筋に当たるものは一目で分かるようだ。それくらい慣れないといけないのだろう。

   手筋と形は同じ類のものである。形が悪いとそこにはいろいろ手段が発生してくる。
  相手の形を崩す。自分の形を整える。形に反する手はどうしたら回避できるか必死に打ってみたら、一皮むけるかもしれない。
 
  3.定石
    定石と手筋と分けたが、定石は手筋の宝庫といわれる。
  その点で、定石を一通り並べてみるのも効果があると思う。忘れてしまうけれども、実戦では自分で考えて打つ。ときには手痛い別れになることもあるかもしれないが、序盤で相手に石をあげると不思議にその勝負は勝つことが多い。 というくらいの気持ちで打ちましょう。
  梅艶プロも定石は一通り並べたと言っておられるし、今でも新しい定石に気を張っておられる。
  (つづく)