枯れ山(ギフチョウ観察遊歩道)コース

大代入り口−−20分−−大代集落−−15分−林道分岐

−30分−−遊歩道入り口−−30分−−遊歩道北端−−

遊歩道入り口

渋川町並みを外れてしばらく行くと大代入り口がある。丸十製

茶入り口
の看板が目印でそこから入る。すぐに渋川つつじ公園

へ北側から登る道に出会う。気にせずに部落への道を進めば

やがて茶畑にでる。丹精込めたお茶畑と、のどかさは格別なも

のである。ここが大代部落でここより、さらに進む。部落が過ぎて

林道に出る。この林道を右にとる。やや下り勾配になるので間違

い易いが薄く書かれた標識に「枯れ山」と書かれているので確認

できる。

この林道を30分登り切れば遊歩道入り口に出る。ここまでは普通

車なら充分これるが駐車スペースが少ないので”ギフ蝶”の観察期
や渋川つつじの咲く頃は要注意。ちなみに車で来れば20分くらいで遊歩

道入り口までこれる。案内板にしたがって右コース、左コースどちらも良い

が、比較的左コースの方が楽な気がする。どちらも一回り、観察しながら

1時間ほどで元に戻る。ギフ蝶はもちろんだが周りの木々、草花にも名前

がつけられていて良い勉強にもなる。整備された遊歩道を歩くのも良いが

、図鑑片手にじっくり歩くのもいいものだ。帰りは来た道を戻ることになる。

お進めの時期としては「ギフ蝶」の見られる4月上旬から渋川つつじの5月下

旬までで次ページの渋川ツツジ公園コースとセットすれば1日たっぷり楽しめ

る。渋川つつじとギフ蝶は同時には楽しめないのが残念である。

ギフ蝶     3月中旬から4月上旬

渋川つつじ  5月中旬から下旬

大代入り口