霧山縦走コース

いなさ湖西岸駐車場−−20分−−猿渡りクボ入り口−−20分−

−−仏ドジョウ沢入り口−−30分−−野外センター上部−−

−−10分−−展望台−−20分−−山頂−−10分−−神秘

の池−−40分−−−−霧山入口バス停

りっぱなトイレと駐車場を後にして、いなさ湖西岸を北進する。

20分ほどで猿りクボ入口の案内板が山の手に見える。

久留女木につながる吊橋がすぐなので見落として吊り橋に出てし

まったら引き換えして、もう一度探してみよう。

沢沿いの登山道を登って行くと案内板がたくさん立っている。

ここは野外活動センターのコースになっていてポイントがつけられて

いる。霧山登山では、これらの枝分かれした道は進まず尾根に

沿って登っていく。案内板にも霧山頂上の案内は記されておらず

不安になるが懶渕(オソブチ)と書かれている方向が山頂方向で

ある。
やがて尾根を登りつめると開けたところに出る。ここが

浜松市野外活動センターの上部にあたり、最上部は

民地でバンガローが数棟たっている。ここまで車で来ら

れるようで週末を楽しむ人々がいる。バンガロー地帯と

尾根を挟んで北側は国有林になっている。この尾根伝い

に行けばここより10分ほどで展望台につく。ちょっと広い

スペースに丸太のチェアがあってくつろぐことができる。

遠望は望めないが自然は満喫できる。西の方向に鉄塔が

見えるがここがめざす霧山の山頂になる。登り下りで15分

ほどで山頂に着く。
鉄塔付近から北に鳶の巣山や田沢の城山、愛知県の山々

前にでて見れば観音山少年自然の家、観音山と半分の

富士山が見える。

鉄塔を後にして進めば、元の無線小屋の跡地から農道

に出る。茶畑や梅林があって、よくもこんなに高いところ

にと感心する。神秘の池を経て帰るコースは神秘の池

コースを参照していただきたい。40分ほどの林道コース

で霧山入口バス停に着く。