富幕山ハイキング(奥山高原コース)

奥山門前−−(車)−−高原入口−−(車)−−第3駐車場

ここでは高原第3駐車場まで車で行くコースを紹介します。

登山開始−−30分−−中腹休憩所−−30分−−頂上

奥山高原入口の四辻(前ページ参照)を右に曲がると奥山高原レジャーランドがある。施設内の食堂とバンガロウの間の林道を車で2分ほど上に進むと第3駐車場がある。アーチェリー練習場跡を駐車場にしている。

無人の料金箱に代金を入れる(秋の山野草の花シーズンは係員も出る)。
井伊谷より富幕山を望む 道しるべに従って登山開始、頂上はここより60分、道のりで約2Kmのコースだ。 5分ほど行くと 奥山高原の最上部観覧車のすぐ上に出る。さらに少し行くと急な登りとなだらかな道の分岐点があるがどちらも行ける。3分と違わない。ここを登りきると視界が開けて引佐町の北部の山々が望める、展望台にたどり着く。

展望台は17年度に完成した。木製のしっかりした建物だ。なだらかな階段を登れば引佐町北部や愛知県の山々が望める。澄んだ日なら南アルプスや富士山も望む事ができる絶好のポイントだ。

眼下には建設中の第2東名高速の作業現場が見えて変わり行く引佐のようすが手に取るようにわかる。
展望台付近は山野草の宝庫だ。夏の終わりから晩秋にかけて色々な草花が楽しめる。下の写真を見ていただきたい。

また「いのししの置物」もあって記念撮影には良いところだ。
展望台で休憩した後、出発すると 富幕山最後の急登に入る。なかなかの登りできびしい。廻りの山野草の花に元気付けられる。ここを登り切ればマイクロウェーブのアンテナが見えて来る。工事用の車道に出れば、もうすぐ頂上だ。
浜名湖に突き出た半島や遠く浜松市を展望出来る。ひときわのっぽのアクトタワーが印象的だ。
帰りは来た道を戻るか、幡教寺跡へ下るコース。奥浜名自然歩道を下るコース。(別のコース参照)
いづれも下の扇山林道に出る。そこをを戻れば、奥山高原まで来る。車で来たときの4辻を高原方向に少し戻れば元の駐車場に着く。