三岳山ハイキング行程表

井伊谷バス停−30分−三岳公民館−30分−三岳神社−20分−山頂

マイカーで来る場合、休日にはJAの駐車場が使える。遠鉄バスの場合、井伊谷バス停で下車。セブンイレブン横の道を行くとスズキ精密工業がある。そこを通りすぎて井伊谷川を渡ると、一の沢部落でこれより緩やかな登り坂を行く。途中倉庫代わりの貨物列車が目を引く。(下の写真)

さらに行くと公民館(集会所)があって水洗式のきれいな公衆トイレがある。(赤丸)
このあたりが三岳の集落である。自動販売機もあって一息入れたいものである。


休憩してさらに行けば、二つに道が分かれている。これを右にとれば景色の良いコースで大回りだがお薦めである。

集落も終わりさらに歩くと、うっそうとた林の中に階段があって、その中に鳥居がある。ここを登れば神社前の広場に着く。巨木に関心のある人は是非登って戴きたい。

少々薄気味悪いと思われる人は階段を登らず、前を通りすぎて直に案内板がある。ここを左に曲がれば見晴らしのきく景色の良いところに着く。桜もたくさんあって花見の頃には是非とも訪れたい所だ。マイカーならここまで来れるので絶好のデートコースでもある。但し夜のデートは夜景はきれいだが怖い。

ここのすぐ上が三岳神社で、神社のお清めの水場まで、わき水が引き込んである。昔は生でも平気だったが時節柄生では飲まない方がいい。さあ、これから頂上目指して出発だ。この神社の左手30mほどの所に登り口がある。

親切に間伐材の金剛杖が用意されている。しばらく登ると急な登りになる。一気に標高を稼ぐが、初めて来た人には苦しい登りである。あせらないでこつこつと登れば少しなだらかな所へ出る。三岳城址の本丸と二の丸の分岐点だ。

二の丸跡は木々に囲まれて景色は良くない。山城に興味のある方は是非行って見たい。往復5分も掛からない。
分岐に戻ってもう一度最後の急な登りをがんばれば頂上はすぐそこにある。視界がぱーっと開けて頂上へ着く。
主に南の方向、天竜川から浜名湖まですばらしい景色を眼下に楽しめる。最近この部落の人達が木を切り開いてくれて、さらに東方向も開けて見えるようになった。冬場の空気の澄んだ時なら木立の間から富士山も望める。北に南アルプスの山々、東に富士山と充分景色を堪能して戴きたい。帰りは急な下りとなるので落ち葉などで足を滑らせないように気をつけて下山してほしい。
第二東名建設現場(フルーツパーク付近) 眼下に井伊谷の町、遠くは細江町と第一東名浜名湖大橋。