竜ヶ岩洞の新名所 竜ヶ石山 359.1m

竜ヶ岩洞下公衆トイレ−−竜ヶ岩洞−−40分−−登山道入り口−15分−−竜ヶ石山頂上

竜ヶ岩洞への道のりや説明は 竜ヶ岩洞公式サイトを御覧になるが良い。丁寧に解説してあるすばらしいHPだ。
竜ヶ岩洞の施設や売店のある建物(六角堂)を正面にみて、右手に進む。何軒かの民家を過ぎて林道に入る。林道の脇には紫陽花が植栽されて季節にはあじさいロードとなる。しばらく森林浴を楽しみながら林道を進めば40分ほどで登山道入り口となる。自動車でも行けるのですれ違うこともあるので気を付けたい。
峠の登山口と書かれた案内板があれば、そこが登山口だ。ここは自動車が2,3台が止められるスペースがある。自動車を利用する場合、はみ出た枯れ木の枝の洗礼を受けるのを覚悟して頂きたい。
案内板を見つけたら登山開始。カルストコースと直登コースの分岐がすぐにあって、ここを左にまがり、直登コースをとる。

ここから5分ほど行くと鍾乳洞のある山らしく、奇岩や名岩を楽しむことができる。カルストコースに行けばもっと多くの奇岩に遭遇する。ここの登りを過ぎると前方に視界が開けて背山口から来る道にバイオトイレがある。バイオトイレを下に見て行けば直に祠を見つけることができる。是非山の神に感謝をしていただきたい。
しばし神々に祈りをささげた後、少し進めば頂上だ。パーーと広い所に飛び出して360度のパノラマを楽しもう。建設現場にあるような足場が組み立てられて、そこに登れば眼下に浜名湖と浜松市を望み、遠くは北遠の山々が展望できる。
我がホームページで紹介するいなさの山がすべて手に取るように望むことができる。冬場は富士、南アルプスが銀色に輝き最高の季節になる。北の方向に木立があるほかは359度周りを見渡せる。この山の高さ同様語呂合わせで359.1度のパノラマだ。
最近はハイカーと共に鳥人間たちも来る。パラグライダーの発進基地になっていて大空の散歩を楽しんでいる人たちを見かける。週末の安定した風がある日、鳥人間たちは飛び立つ。2人乗りもあってお金と度胸がある人は乗せてくれる。

 南アルプスの山々

 富士山