稲生とは・・・

 

                                            ハンドルネームです。

                                            “いのう”と読みます。

 

                                   地図が好きなものですから、地図の大御所『伊能忠敬』大先生からとりました。

                                 『 伊能忠敬』は、下総の国佐原の名主・村方後見であり、窮民を救済したりして尽力した後、

                                  50歳で隠居を認められ、江戸に出て天文学・測量などを学び、蝦夷地・奥州街道の測量を

            皮切りに、延べ八回・十四年に渡り測量の旅に出、非常に精密な様々な地図を作成しました。

                                  まさに、日本地図の祖、地図の大御所であります。

 

                                          ダイレクトに『伊能』では恐れ多いので、高校の時の担任の稲生先生から、

                                          拝借しました。

                稲生先生には、英語を教わりました。

 

                                            以上です。


                インデックスへ  ぶらり稲生めぐり(1)へ  ぶらり稲生めぐり(2)へ  ぶらり稲生橋へ