(財)静岡県サッカー協会 中西部支部           ヤングサッカーニュース               
  このホームページは
  
中西部ヤングサッカーニュース
  
取材、編集活動を基に構成
  されています。
 

ありがとうサッカー
卒業と共にそれぞれの道へ進む高校3年生。
さまざまな思いを胸にサッカーを続けてきた選手達に、その思いを綴ってもらった。
女子サッカー部
藤枝西高校  荒木 優花
 私は部長を経験したことで、支えてくれる仲間がいることの大切さを改めて実
感しました。どうすれば勝てるのか、チームが盛り上がるのか、部長と言う立場
から見るサッカーは今までと全く違って見え、不安もありました。しかしチーム
メイトたちのおかげでそれらを乗り越えることができました。最高で最強の仲間
に出会うことができました。卒業後は進学しますが、サッカーを通じて学んだこと
を活かし、これからも歩き続けます。
榛原高校  大石 舞
 約2年間の部活を振り返ると、楽しかった思い出がたくさん蘇ってきました。
部員数が少なく、公式戦に出場できる機会はあまりありませんでしたが、練習内
容を工夫し、みんなで切磋琢磨してきました。私がサッカーを続けてこられたの
も、熱心に指導して下さった先生方や、親、そしてチームのみんなのおかげです。
感謝の気持ちを忘れず、部活で学んだことを生かして、進路先でも夢に向かって頑
張っていきたいと思います。
清流館高校  益田 なつみ
頼りにしていた先輩方が引退し、私たち学年が後輩を引っ張ってゆく年になり、
大変不安なスタートでした。大会でもなかなか結果に結びつかず、部の運営面も含
め、先輩たちが残した「県ベスト6」の壁が大きなプレッシャーになりました。
しかし、仲間や私たちを応援してくれる多くの方々に支えられ、少しずつ互い
を認め合い、高めあう環境ができていきました。
目標とした「県ベスト4」には届きませんでしたが、最後の選手権では自分たち
の持っている力をすべて出し切り、悔いのないプレーができました。
この先はそれぞれ別の道を歩むことになりますが、3年間で学んだことを誇り
に思い、自分たちの力を信じ頑張ります。
後輩たちには私たちが届かなかった目標「県ベスト4」を達成できるように頑
張ってほしいです。
藤枝順心高校  千葉 玲海菜
 1年生の高校選手権、2年生のインターハイ、そして3年生最後の大会となっ
た高校選手権でも優勝することができました。本当に充実した3年間でした。高
校卒業後は大学に進学しますが、この高校の経験を糧にして、大学でもさらに成
長できるように頑張っていきます。
最後に、今年果たせなかった夏・冬の二冠の目標は、後輩に託します。これから
も順心サッカー部の応援をよろしくお願いします。
男子サッカー部
榛原高校  大井 瞭
 私がサッカー部の部長として強く感じたことは、周囲の方々の支えが非常に大
きかったということです。特に、保護者の方々からの厚いご支援は部員にとって
大きな励みになりました。毎試合、大きな声援を送って頂いたり、分析用の動画
を撮影して頂いたりしたことは、部員の心・技・体の成長において重要な要因に
なったと思います。
 卒業後も、部員全員が夢に向かって「常に本気」で取り組んでいきたいです。
相良高校  夏賀 竜也
私は、3年間このチームで良かったと思いました。辛い練習や結果が出ない試
合もありましたが、このチームだからこそ乗り越えられた事もありました。私自
身、怪我でサッカーができない時や部長として思い悩んだ時、常に仲間や先生が
支えてくれました。どんなに追い込まれてもチーム一丸となり成長して、このチ
ームにしかない強さがあると実感しました。卒業後は社会人として、部活で身に
つけたことを活かして成長していきたいです。
川根高校  前田 将貴
 私にとっての3年間の部活動は、多くの方々に支えられた日々でした。入部当
初、これまでサッカー未経験だった私に一から教えてくれた先輩。毎試合、送迎
を手配してくださった保護者の方々。毎日の練習で私達に厳しい中にも温かさの
ある指導をしてくださった先生方。多くの方々に支えられながらサッカーができ、
本当に幸せでした。卒業後は、夢の実現のため、サッカーを通じて培った忍耐力
や精神力を活かして努力していきます。
金谷高校  渡辺 翔
 僕にとって高校3年間の部活動は、心身ともに自分を成長させてくれたもので
した。ハードな練習が多く何度も弱音を吐きました。部長として部員をまとめ、
チームのリーダーでいることが自分の役割でしたが、まとめきれず、部長を辞め
たいと思ったこともありました。しかし、この経験を通して我慢強さと責任感を
学ぶことが出来ました。
 卒業後、僕は就職します。部活動で培った多くのことを胸に頑張りたいです。
島田商業高校  鈴木 幸村
 私達島商サッカー部は、3年生16名という決して多くない人数でしたが最後ま
でこのメンバーとサッカーができて良かったです。チームの特徴として、試合開
始から終了のホイッスルが鳴るまで走り抜くというスタンスのもと粘り強いサッ
カーをしてきました。これからは、別々の道へと進んでいきますが、辛い日々の
練習も共に乗り越えたことを忘れずにそれぞれの道で活躍していきたいです。
最後に、3年間支えてくれた家族、友人、先生方に感謝の気持ちを持って今後
も頑張っていきたいと思います。
島田工業高校  八木 克気
 私は、島田工業高校サッカー部に入り多くのことを学び、サッカーを本当に楽
しめたと思います。部長というみんなをまとめる立場になり、うまくいかないこ
とや、みんながついてきてくれない時も多々ありました。そんなときに支えてく
れたのは、両親や先生、同級生の仲間たちでした。声をかけてくれたり、相談に
も乗ってくれたりしました。たくさんの方々に支えられ、サッカーをやっている
のだと強く思いました。これから先もこの経験を活かし、立派な社会人になれる
ように頑張ります。3年間ありがとうございました。
島田高校  絹村 航
 この3年間の高校サッカーは、あっという間に終わってしまったが、密度の濃
い3年間だったと思います。
 私は、2年の終わり頃に急遽キャプテンを任され、チームをまとめられるかど
うか不安でしたが、先生と仲間に恵まれ、私がまとめるまでもなく、チームはま
とまってくれました。いろいろな出来事もあり、とても充実した3年間を過ごせ
ました。高校サッカーで学んだことを、これからの人生で活かし、活躍できるよ
うに日々精進していきたいと思います。
島田樟誠高校  寺田 和樹
私の高校サッカー3年間は多くの経験をする事が出来ました。部員内での気持
ちのすれ違いなどを経験し、一つの方向を目指すことの難しさを学びました。しか
し、仲間と気持ちをぶつけ合い、考えることでチームとしても一人の人間として
も大きく成長する事が出来ました。目標は達成できませんでしたが、最後にはみ
んなの思いがひとつになったように感じます。この経験をこれから目指す看護の
現場でも発揮できるように頑張りたいです。
焼津中央高校  加藤 隼人
 私たちは新人戦で2年連続県大会ベスト4に入ることができ、焼津中央高校サ
ッカー部の歴史に大きな記録を残すことができました。総体や選手権も含め、1・
2年生に良い刺激を与えられたと思います。これまで支えてきてくれたメンバー
や先生・コーチ、保護者に感謝しています。また、高校3年間でコツコツとやる
ことが大きな結果につながることや、時間の使い方の重要性を学びました。この
学んだことを活かし、これからも日々成長し続けていきます。
焼津水産高校  竹森 大知
  私は1年の時、先輩とコミュニケーションが上手く取れず、ミスをしたことが
ありました。当時の顧問であった松永先生に「声を出したか?」と質問され、私
は「出しました」と答えました。次に先輩へ「伝わったか?」と先生が質問し、
答えは伝わっていませんでした。それから私は、「伝える」ことの大切さを学び、
部活はもちろん、学校生活や私生活にも生かしました。
卒業後もそのことを意識して生活していきたいです。
清流館高校  紅林 颯太
 私の高校サッカーは短く感じ、思い出はたくさんありました。1年から最後ま
でレギュラーとして出させていただき、部長も務めました。正直不安しかありま
せんでしたが、先生や仲間の協力があり、部長らしく最後までまとめることがで
きました。3年生全員でのインターハイは悔しい結果でしたが、仲間の顔からは
笑顔が見られました。残った3年生での選手権は涙で終わりました。清流館サッ
カー部でやれたサッカーは最高の思い出です。
静清高校  村松 凌
 静清高校サッカー部に入部してからの3年間は、多くの人に支えられサッカー
に打ち込むことが出来ました。3年時には主将を務め、サッカーだけではなく私生
活などを改め、成長することが出来ました。私は大学へ進学しサッカーを続けま
すが、静清高校で学んだことを活かし、サッカーだけではなく人として更に成長
出来るようにしたいです。4年後卒業するときに、自分自身の夢・目標を達成で
きるよう努力し続けたいです。
藤枝東高校  曾根 大和
 私は1年生の時に全国大会を経験し、更に成長するには努力が必要だと感じま
した。努力は必ず報われるということを信じ、練習に励みましたが、その後は県
大会で勝つことが出来ませんでした。「何かが足りない。」その何かを見つけるの
は難しいことですが、チーム一人ひとりが真剣に考えないと何も変わらないこと
を痛感しました。この経験を今後の大学サッカーで活かせるよう、努力を怠らず、
今まで以上に成長していきたいです。
藤枝北高校  前島 俊哉
 この3年間はたくさんの経験ができ、充実していた3年間でした。日々の練習、
合宿や遠征を通して技術や精神面などを鍛えられたと思います。しかし、大会で
は納得のいくような結果を残すことが出来ず、悔しい思いをすることばかりでし
たが、良い仲間とサッカーが出来て幸せでした。
 卒業後、私は大学に進学します。高校での経験や悔しさをバネに大学で活躍で
きるよう努力していきます。
藤枝明誠高校  上戸 雅也
 福岡から藤枝明誠高校に入学してあっという間の3年間だった。プリンスリー
グ昇格、国体出場、高校選手権県大会優勝、プリンスリーグ最下位など、山あり
谷ありの高校サッカーだった。特に、3年時は怪我の為、キャプテンとしてチー
ムを引っ張ることができず、苦しい思いをした。理想とするような3年間では
なかったが、指導者やチームメイトに支えられ充実した日々を過ごせた。この経
験を活かし、大学でもサッカーを頑張りたい。
藤枝西高校  伊久美 彪雅
 藤枝西高校サッカー部で過ごした3年間は自分の記憶に一生残る思い出です。
自分が部長になり苦労した時、支えてくれたのは仲間の皆でした。大好きな仲間
と大好きなサッカーをやることができ、とても幸せでした。そんな充実した幸せ
な時間を過ごすことができたのは応援し、支えてくれた保護者、時に優しく、時
に厳しく指導してくださった顧問の先生、そして18人の仲間のおかげです。楽し
い時間をありがとうございました。最高でした。


TOPへ