(一般財団法人)静岡県サッカー協会
中西部支部
                    
  このホームページは
  
中西部ヤングサッカーニュース
  
取材、編集活動を基に構成
  されています。
 
 
ありがとうサッカー
o
卒業と共にそれぞれの道へ進む高校3年生。
さまざまな思いを胸にサッカーを続けてきた選手達に、その思いを綴ってもらった。
男子サッカー部
焼津水産高校  榊原 康太
私の焼津水産高校での3年間は、うまくいかない事の方が多かったと思います。
そんな中でも良い結果を出せた時はとても喜びを感じ、日々の練習を頑張ろうと思
えました。私は部長らしくチームをまとめられていたかは分かりませんが、終わって
みればあっという間で、とても充実した高校サッカーだと思いました。そう思えるの
は先生方やチームメイトのおかげだと思います。楽しかったです。ありがとうござい
ました。
清流館高校  青地 悠太
 3年間の高校サッカーを振り返ると、顧問の先生やトレーナー、チームメイト
や親を始め、たくさんの人に支えられました。自分は1年生から試合に出させて
頂き、3年になると部長もやらせて頂きました。自分にとってこの3年間はサッ
カー選手としても人としても成長できたと思います。チームメイト、マネージャー
と過ごした3年間は一生の思い出になりました。これからも支えて下さる人へ
の感謝と人との出会いを大切にしたいです。
焼津中央高校  村松 脩平
 自分にとって高校3年間は、かけがえのない財産である。スタメンの競い合いや
試合の勝敗など様々な出来事があり、その一つひとつが自分を変えるきっかけと
なった。新人戦予選敗退。試合に出場しながらも何もすることができず、悔しさだけ
が残った。その負けが自分も含め、チームを強くさせた。そして総体と選手権で県
ベスト16。厳しい練習を乗り越え、共に戦ったチームメイト、家族、そしてスタッフに
感謝したい。
島田高校  望月 魁人
 3年間の部活動で様々なことを経験することで、心と体ともに成長できたと思
います。どんなに大変な練習でも、互いに声をかけ励ましあうことで乗り越える
ことができました。
 これから将来に向けてそれぞれ違う道に進んでいきますが、どんなことにも挑
戦していきたいと思います。部活動での経験を活かし、社会で活躍できる、周り
から愛されるような人間になりたいと思います。
島田商業高校  鈴木 浩太
  私達、島商サッカー部は、3年生を中心にボールを丁寧につなぎ最後まで諦めな
いサッカーをしてきました。高校サッカーを通して私は、サッカーができる環境がある
こと、一緒にサッカーができる仲間がいることの大切さを感じることができました。
  また、試合に勝つことも大事ですが、何よりもサッカーを楽しんでやることが大切
だと思いました。
  3年間支えてくれた家族、友人、先生方に感謝し、これから恩返しできるよう頑
張っていきたいと思います。
島田樟誠高校  沖 隼斗
 私は仲間たちと苦楽をともにし、勝っては喜び負けては悔しがり、サッカーを
通じて絆をさらに深めることが出来ました。時にはぶつかり大きな試練もあった
けど、それらを解決するにつれて人間的にも一回り大きく成長することが出来た
と思います。みんなと過ごし、サッカーで学んだ様々な事を糧に大学サッカーで
高校の時よりもいい結果を求め、残せるように1年目から勝負します‼
島田工業高校  加古 虎太郎
 私は高校3年間サッカーを思い切って楽しむ事ができました。改めて考えてみ
ると、やはり親・監督・友達のおかげだと思いました。また私は初めて部長という
立場をやらせてもらい、周りをまとめたり、責任のある貴重な体験ができました。
このような環境でサッカーができた事にとても感謝しています。
 3年間で学んだ事がたくさんあるので、これらの経験を卒業後に生かし、頑張
りたいと思います。
金谷高校  岩塚 翔多
 僕は高校サッカーを通して学んだことがあります。それは「仲間との協力」で
す。少ない部員数ではありましたが、先輩・後輩との仲が良く、時に厳しく、切
磋琢磨しながら日々の練習に取り組みました。仲間のおかげで苦しい時も励ま
し合い、乗り越えることができました。3年間、楽しくサッカーが出来ました。あ
りがとう。僕は高校卒業後就職します。新たな仲間と協力し、自分のチカラを伸
ばしていきたいと思います。
藤枝西高校  松永 憧和
 この3年間、楽しいこと嬉しいことばかりではなく、上手くいかず悔しいことも多く
ありました。それでも、共に努力し励ましあった仲間、いつも応援してくれていた
家族や保護者の方々に支えられ、僕達は充実した高校サッカー生活を送ること
ができました。主将としては、未熟な所が多かった自分を支えてくれた仲間、部
活後の自主練に付き合ってくれた仲間、この仲間でサッカーができたことを誇り
に思います。本当にありがとう。
藤枝東高校  鈴木 大河
 高校3年間で特に思い出に残っているのは総体での優勝です。藤枝東はこの大
会で半分以上の人が引退してしまうので、その仲間を笑顔で送り出せたことはと
てもうれしかったです。
 また今年は特に人工芝張り替えをはじめ様々な人たちの支援がありました。改
めて感謝の気持ちを持ちプレーする重要性、応援される中プレーできる喜びを感
じました。
 卒業後は、それぞれの新たな道でここで学んだことを生かし頑張ります。
藤枝明誠高校  岡本 翔太
 私は、ケガの時期が長かったり、チームがなかなかまとまらなかったりして、
キャプテンとして苦労しました。チームにとって「力になっているのか」と思う
時もありましたが、チームメイトに支えられて今の自分があると思います。最後
まで自分を信じてついてきてくれたチームメイトに感謝しています。この3年間
で学んだ経験を活かして、技術の向上と人間として成長できるようにこれからも
努力していきたいです。
藤枝北高校  佐野 康介
 3年間をふり返ると、僕たちの学年は部員が25人と多く、指導者も2回変わっ
たりと忙しい3年間でした。インターハイで部員の半数以上が辞めて10人になりま
したが、選手権まで残った10人で最後までやりきることができました。
 この3年間で個人的にも選手として様々な体験をし成長できました。僕は進学
をしてスポーツトレーナーの勉強をします。これまでの経験を活かしていけるよ
うがんばりたいと思います。
静清高校  林 昴生
  静清高校サッカー部に入部してからの3年間は、多くの人に支えられサッカー
に打ち込むことが出来ました。3年時には主将を務めさせていただき、サッカー
だけでなく私生活から改め、成長することが出来ました。私は大学へ進学し様々な
ことにチャレンジしながら将来の可能性を広げたいと考えています。4年後卒業
するときには、さらに人として成長し、自分自身の目標を達成できるように頑張
ります。
川根高校  小林 響
 この3年間、練習や試合でつらい中でも仲間と助け合いながら頑張ることで、
コミュニケーションや人を思うことの大切さに気づくことができ、とてもいい経験
ができました。
 私は将来、1級建築士になることが目標です。サッカー部の活動を通して学ん
だあきらめない心と先生や保護者など活動を支えてくれた人たちへの感謝の気
持ちを忘れずに、目標を達成できるように精一杯頑張ります。
榛原高校  榛地 凛人
「楽しむこと」これは何をする上でも一番大切だと僕が思うことです。榛高サッ
カー部として過ごした3年間は、全てが楽しく感じられる最高の時間でした。僕
達の年代となって、試合でなかなか結果が出せず苦しかった2年の夏の遠征で目
標に掲げた県大会への出場。この目標を、新人戦と総体で達成できました。一瞬だ
った高校生活ですが、この3年間で得た経験を、僕が今目指している、教師とい
う形で生かしていきたいです。
相良高校  松永 蔵
私は、3年間の高校サッカーで人間的に大きく成長することができたと思いま
す。苦しい練習や悩むこともあり、何度も辞めたいと思ったことがあります。し
かし、3年間サッカーを続けてきて良かったと心から思います。高校までサッカ
ーをやらせてくれた両親、どんな時でも信頼してくれた顧問の先生、頼りない部
長でもついてきてくれた仲間、選手権まで残った3年生、全員に感謝しています。
ありがとうございました。
女子サッカー部
榛原高校  太田 有紀美
  私は、この部活に入って良かったと心から思います。部員数は少ないですが、そ
の分日々の部活動や数少ない試合を楽しみながら大事に臨むことができました。
そして何より仲間の大切さを知りました。部長としてどうすればいいかわからな
い時や怪我をして思うようにプレーできない時はいつもチームメートや同級生の
仲間が支えてくれました。卒業後は離れ離れになってしまいますが、感謝の気持
ち忘れずに夢に向かって頑張りたいです。
藤枝順心高校  田中 愛梨
 この3年間は毎日が充実していて、とても短く感じます。一番の思い出はフィ
ジカルトレーニングです。これは正直逃げ出したくなる練習メニューでした。し
かし、辛いときこそみんなで声を掛け合い、チーム力を高め一番成長することが
できるものでした。この積み重ねで人は強くなるということを実感しました。卒
業後は、社会に出て働くことになりますが、ここで身に付けたことを活かして頑
張りたいと思います。
最後に、今年果たせなかった高校選手権の連覇の目標は、後輩に託します。こ
れからも順心サッカー部の応援をよろしくお願いします。
清流館高校  滝口 星波
  私たちは「県ベスト4」を目標に、切磋琢磨しながら活動に取り組みました。
思うとおりに行かないこともあり、部長としてうまくまとめられないこともあり
ましたが、互いに思いを伝え合い、時間を重ねることで少しずつ自分たちの色を
作れるようになりました。目標は達成できませんでしたが、最後の選手権では、
自分たちの色を存分に発揮することができました。
  サッカーに全力で励んだこの3年間、私たちを支え応援してくれた方々への感
謝の気持ちを忘れずにそれぞれの目標に向かい頑張ります。後輩たちには、目標
に向かって一人ひとりが役割を果たし、達成できるよう頑張ってほしいです。
藤枝西高校  北野 葵
  先輩たちが引退し、自分たちがチームをまとめる立場になったとき、先輩もき
っと感じていた、部員をまとめることの大変さを実感しました。インターハイ前
には特に悩みましたが、インターハイにかける思いを部員に打ち明けたことで団
結力が高まり、今まで勝てなかった相手にも勝利を収めることができました。あ
の瞬間は忘れられません。進学後も、藤枝西高校女子サッカー部を応援し続けて
いきたいと思います。
TOPへ