静岡県旅行業協会の歩み

昭和31年 7月 3日 昭和27年7月18日に「旅行業あっ旋業法」が公布され旅行業者の登録制が実施されたのを期に、県の指導により、旅行あっ旋業者の相互の連絡調整と健全な発展を図るため、旅行あっ旋業者の自主的な団体、「静岡県旅行業協会」を設立。
事務所を静岡市迫手町251番地静岡県商工部通商観光課内に設置。

昭和33年 2月20日 「全国旅行業者団体連合会」に加盟。

昭和35年 5月16日 県より静岡県旅行業協会事務局を独立。

昭和40年 2月23日 「社団法人全国旅行業協会」に加盟。

昭和41年 8月19日 「(社)全国旅行業協会静岡県支部」設立。

昭和46年 5月10日 「旅行業法」が公布。同年11月施行。

昭和48年 8月23日 静旅協・協定会員連盟設立総会を開催。協定制度が確立。

昭和50年10月 1日 株式会社静旅を設立。旅行傷害保険を主とした損害保険代理店業を開始。

昭和53年10月 2日 静岡県商工部観光課内より事務局を独立。静岡市伝馬町20−9に事務局を開設。

昭和58年 4月 1日 「新旅行業法」施行。

昭和60年 5月29日 静旅協創立30周年、連盟創立10周年記念式典を熱海温泉「熱海後楽園ホテル」において開催。

昭和61年 5月 7日 静岡市伝馬町12−1に事務所を移転。

平成 8年 4月 1日 新旅行業法、標準旅行業約款の改正。

平成 9年 9月27日 静岡市鷹匠1丁目3−3、サクライビル2階に事務所を移転。

平成11年10月 1日 静旅協ニュース「かがやき」創刊。

平成15年 4月 1日 静岡県旅行業協会福祉互助会の発足。

平成17年 4月 1日 旅行業法・標準旅行業約款の改正。

平成17年 5月26日 静旅協創立50周年、連盟創立30周年の記念式典を静岡市「ホテルセンチュリー静岡」において開催。
静旅協新シンボルマークを制定。

平成25年 4月 1日 平成25年3月31日をもって、静岡県旅行業協会を解散し、平成25年4月1日に一般社団法人 静岡県旅行業協会を設立。

トップへ戻る