はじめに

2002年春から夏にかけて、天竜川上流域から下流域までの訪問を思い立ち実施した。

天竜川下流域に住む私・稲生にとって中流・上流域はまだ見ぬ土地も多く、とても興味をそそる所であった。

天竜川にかかる橋とダム、流域の市町村役場、JR飯田線の駅の訪問が当初の計画だったが、県道標識撮影

と郵便局めぐりをも実施し、忙しいながらも大変満足のいく旅であった。飯田線がらみで東三河地域も日帰りで

実施した。もっぱら、月に1度は南信州に泊まりがけで訪問し、残りの週に1度は東三河と遠州地域の訪問撮

影をしていった。郵便局めぐりについては詳細を別記するが、2000年夏から秋にかけて静岡県内544局を訪局

した実績があり、今回の天竜川水系と東三河の郵便局めぐりでは377局を訪局することができた。

この稲生ホームページでは、上述の天竜川水系と豊川水系の訪問結果を自己満足のひとつとして、発表させて

いただくことにする。また、その他メニューが一見充実しているわけだが、徐々に作成していくこととなるので、

気長にお付き合いいただきたい。

                                                   2002年秋   稲生   

 

郵便局めぐり

私・稲生が郵便局めぐりをはじめたのは、1980年1月31日である。就職後1年目のことだった。

色々な郵便局をまわって貯金をし、郵便局のゴム印を押してもらい、欄外に郵便局長印(=主務者印)をもらう。

どこまでできるかわからないが、とりあえず自分の住む浜松を中心にやってみようとはじめたのだった。

結局、平日休みの職場から外れたこともあり、1980,81年の約2年で静岡県内の195局を訪局したのみで休止

してしまった。

時は流れて2000年、再び平日休みの職場となったのを機に、19年ぶりに郵便局めぐりを再開した。静岡県内の

郵便局を完訪することを目標に、週に1回のペースで実施した。

もともと地図が好きで、いつも地図をながめていたのだが、現地へいったことのない地域があるのは、ちょっと

寂しい気がしていて、そのいわば空白域解消のために、郵便局めぐりという手段をとってみたというのが、本音

である。

結局、2000年5月31日より同年11月22日の約半年の間、延べ24日かけて静岡県内544局完訪を達成した。

ここでは、その後2002年に実施した南信州・東三河地域の郵便局めぐり(377局)とあわせて、その内容を

お知らせすることとする。

                                                   2002年秋   稲生

 

男声合唱の夕べ

地理・地図系のメニューが多い中で異彩を放っているのが、この項目である。

実は私・稲生は、大学4年間をグリークラブで過ごしていた。早いもので卒団してから、もう24年が経過してしま

った。残念なことに、私の卒団の数年後、団員の確保が出来なくて廃部となってしまった。

OBとして帰るところのない身となってしまったが、当時愛唱した男声合唱の数々は、CDを購入して今も繰り返し

聴いたり、口ずさんだりしている。

ここでは、そんな合唱曲を紹介していくことにする。

                                                   2002年秋   稲生

 

市町村変遷・市制・区制

平成17年3月31日を期限とする合併特例法により、合併論議が盛んである。

いわゆる平成の大合併である。

ここでは、今回の合併の可否を論ずることはしない。それは他のHP等に譲ることとする。

まず『市町村変遷』として過去の合併の事実を示していく。その範囲は、とりあえず静岡県及び東三河・南信州と

する。

また、全国の市の施行年月日、政令指定都市の区の施行年月日についても示していくことにする。

                                                   2002年冬   稲生

 

山梨県めぐり

2003年のテーマは山梨県である。三遠南信同様、富士川(釜無川・笛吹川)にかかる橋、市町村役場、県境、

郵便局めぐり、JR身延線の駅、国道・県道の標識の撮影を手がけてゆくこととする。また行く先々での富士山

ビューポイントでは、その姿を撮影していこうとも思う。

2003年は平成の大合併が結実していく年でもある。さっそく、3.1には富沢町・南部町が合併して、新「南部町」

が誕生する。4.1には南アルプス市誕生である。なるべく合併前の町村もめぐって行き、その最後の姿をカメラ

に収めたいとも思う。

                                                   2003年春   稲生

 

西三河・東濃・木曽

2004年のテーマを西三河・東濃・木曽地域への訪問とした。2002年に三遠南信地域、2003年に山梨県とまわって

きたので、本年は愛知・岐阜・長野の三県にまたがる当該地域に照準を定め、めぐって行くことにする。

西三河・東濃・木曽(塩尻も含む)地域の49市町村の郵便局めぐり、沿線の駅、市町村役場、県境の撮影と

矢作川に架かる橋を訪問することで、現地に親しもうかと思う。

そして消滅していく市町村をめぐる旅については、御前崎市・伊豆市の誕生から始まり、甲斐市、新「身延町」、

笛吹市、新「恵那市」、北杜市など、かなり多くの新自治体の誕生により、消滅する市町村をできる限り訪問して

いくつもりである。

                                                   2004年春   稲生

 

尾張東部・中濃・西湘&大井川

2005年のテーマを尾張東部・中濃・西湘地域への訪問とした。

尾張東部は、知多半島と愛知郡地域であり、名古屋市郊外の緑区・天白区・名東区を含む地域である。

昨年の西三河のひとつ向こうの地域であり、折りしも2.18には中部国際空港が常滑市の伊勢湾沖に開港し、

3.25には長久手町を主会場とする国際博覧会・愛・地球博が開幕する話題の地域である。

中濃地域は、やはり昨年の東濃地域に引き続く地域である。ここは、3.19より東海環状自動車道として、

東名高速の豊田JCTより土岐・関方面まで供用開始となり、一段とアクセスがよくなる地域である。

そして、東は神奈川県の小田原を中心とする西湘地域である。バランスからいって、東にも少し足を伸ばして

おきたい。また、今年めぐる河川は大井川とする。静岡県内で完結する河川ながら、遠州と駿河の国境と

なった大河川であり、奥大井の紅葉やSL列車など、楽しみはたくさんある。

消滅する市町村めぐりは、今年が平成の大合併の山場となる年であり、大変忙しくなりそうだ。すでに、

「菊川市」が誕生したが、11市町村が消滅する大「浜松市」などボリューム一杯である。これについては、

可能な限り実施していきたいと思う。

                                                   2005年春   稲生

 

尾張北部・飛騨・湘南&安倍川・狩野川

2006年のテーマを尾張北部・飛騨・湘南地域への訪問とした。いずれも昨年の続きとなる地域である。

尾張北部は、名古屋市内の瑞穂区から西区までの7つの区を含み、瀬戸・春日井・小牧・犬山と主要な

都市を含む愛知の中心地域でもある。飛騨は、日本一の面積を誇る高山市を中心とした山岳地域であり

自然に親しみ森林浴を満喫して来ようと思う。湘南は、平塚・藤沢・厚木を中心とした地域であり、相模の

中心地域でもある。

また、今年めぐる河川は安倍川と狩野川とする。安倍川は静岡市内だけで完結する河川ながら、富士川・

大井川同様、南アルプスを水源とする急流河川である。狩野川は太平洋側では珍しく、北上する河川である。

今年も、交通事故には充分注意しつつ、楽しい地域めぐりを実施していきたい。

                                                   2006年春   稲生

 

尾張西部・中信・相模北部東部&相模川・狩野川

2007年のテーマを尾張西部・中信・相模北部東部地域への訪問とした。

尾張西部は、名古屋市内の南区から中川区までの6つの区及び一宮・稲沢及び海部郡地域であり、

これをもって足掛け3年にして名古屋市及び尾張国完訪となる。中信は松本・大町を中心とした地域であり、

信州地域は2004年の木曽地域以来3年ぶりとなる。相模北部東部は、相模原・大和及び鎌倉・横須賀を

含む地域であり、愛知県同様、足掛け3年にして相模国完訪となっていく。

また、今年めぐる河川は相模川と狩野川とする。相模川は山梨県の山中湖を水源として桂川として流れ

神奈川県に入って相模川と名称が変わる河川である。そして狩野川は2006年のテーマとしながら実施

できなかった河川である。両河川の訪問は、爽やかな季節に実施したいものである。

                                                   2007年春   稲生

 

岐阜西濃・北信・川崎&狩野川

2008年のテーマを岐阜西濃・北信・川崎地域への訪問とした。

岐阜西濃は、岐阜市・大垣市を中心とした地域であり、これまで東濃・中濃・飛騨とこなしており、これにて岐阜県

完訪となっていく。北信は長野市を中心とした地域であり、何回かに分けて泊りがけで実施することになろう。

川崎市地域は、横浜市完訪への前哨戦として位置づけ、鋭意訪問していきたい。

郵便局めぐりについては、それぞれ残り90局ほどとなった福井県・滋賀県も完訪したいと思っている。

また、今年めぐる河川は狩野川とする。2006年・2007年とテーマとして宣言しておきながら実施できないでいたので、

今年こそは実施したいと切望している。(近くて遠いのが伊豆半島である。)

                                                   2008年春   稲生

 

北勢・東信・横浜

2009年のテーマを北勢・東信・横浜地域への訪問とした。

北勢は三重県の北部にして、昨年の岐阜西濃の続きともなる地域である。桑名市から亀山市に至る東海道の

宿場町を中心にして発展してきた地域である。東信は上田市・小諸市・佐久市を中心とした地域であり、

これにより長野県の完訪を目指していく。横浜市地域は、神奈川県完訪へ向けてのラストスパートとなるべき

地域であり、個人的に贔屓にしているベイスターズの聖地めぐりでもある。心して立ち向かいたい。

郵便局めぐりについては、奈良県・京都府南部・東京都多摩地区なども日帰り圏内と位置づけ活動していき、

石川県・富山県・千葉県なども訪問したいと考えている。

なお、今年の河川に架かる橋めぐりは休止し、その分溜まってきた写真の整理に若干の力を注いでいきたい。

                                                   2009年春   稲生

 

堺・石川・いわき

2010年のテーマを堺・石川・いわき地域への訪問とした。

昨年までの活動により、東海地方及び隣県となる長野県・神奈川県は訪問を完了してしまったため、これより

遠くにある地域を目標とした。

大阪府堺市は、私・稲生の住む浜松市よりも1年早く政令指定都市となった兄弟市である。

石川県は、能登と小松加賀は訪問済みなので、その内側の白山・金沢から七尾までが対象となる。

福島県いわき市は、かって全国一広い面積の都市として君臨していた。

郵便局めぐりについては、残り15局の三重県、残り69局の奈良県のほかに、京都府・千葉県・埼玉県なども

訪問していきたい。

                                                   2010年春   稲生

 

両丹・富山

2011年のテーマは両丹・富山地域への訪問とした。

昨年、あまりに積極的な活動をした反動か、今年は長い冬眠をしてしまい、春分も終わってからの活動開始と

なってしまった。

当初は、「群馬」地域を目標としていたのだが、東日本大震災が発生し、東京電力管内である群馬県への

訪問は自重することとし、京都府北部と兵庫県丹波地域の「両丹」に差替えることとした。

「両丹」とは、丹波国・丹後国のことであり、京都府北部の亀岡・福知山・舞鶴等の地域と兵庫県の篠山・丹波市

を含む地域である。このうち、亀岡・南丹・京丹波・篠山はすでに廻っており、その北側の地域への訪問となって

いく。

富山県については、これまで4割ほど廻っているので、その残りの地域への訪問となっていく。

その他の郵便局めぐりについては、、大阪府・東京都・千葉県・埼玉県なども事情が許せば、鋭意訪問していき

たいものである。

                                                   2011年春   稲生



神戸・群馬

2012年のテーマを神戸・群馬地域への訪問とした。

まず、兵庫県の神戸市を数回の訪神により、できれば日帰りのみで廻ってみようかと思う。そのうち、六甲山の

麓の旧来の市内のエリアは、レンタサイクルで廻りたいものだ。

群馬県は、実は昨年のテーマ地域に考えていた地域だったのだが、1年繰り延べた上での実施の運びとなる。

その他の地域の郵便局めぐりについても、いろいろ楽しみをもっている。東は千葉県・東京都23区内・埼玉県で

あり、西は大阪府・和歌山県さらには岡山県・広島県の瀬戸内沿岸部の局メグも楽しみである。

ほかにも新潟県・福島県も足を踏み入れたいものである。

そして、昨年10月から始めたブログ『稲生のつぶやき(ブログ)』を、満1年となる時期までは継続したいと

思っている。

                                                        2012年春   稲生



美作・埼玉・千葉

2013年のテーマを美作・埼玉・千葉地域への訪問とした。

まず、岡山県の北部となる美作地域であるが、昨年のうちに岡山県中部・東部地域となる備前国を完訪と

していて、その次として美作国を目指していくことになる。ここでは、2度の一泊二日の旅により完訪としていきたい。

埼玉県と千葉県は、ここ数年の間に番外編で着々と歩を進めてきていて、それぞれ残り116局・141局としていた。

今年のうちに、この両県の完訪としていきたい。

日帰りでは、東は東京23区内、西は大阪府・兵庫県・和歌山県あたりの局メグを楽しみたい。

泊では、茨城・栃木・福島あたりの局メグを予定しているが、すべて実現できるかは未定である。

そして、一昨年10月から始めたブログ『稲生のつぶやき(ブログ)』を、できるだけ継続したいと思っている。

                                                        2013年春   稲生


備中・和歌山・会津

2013年のテーマを記した後、このページへのコンセプトの記載を失念してしまった。

他意はなく、ついうっかりしただけである。まずは、取り急ぎ過去となってしまった、2014年・2015年の

訪問結果をそれぞれ紹介しておこう。

2014年は、備中・和歌山・会津であった。

備中地域は、前年の美作地域に続き、岡山県内をテーマ地域として、岡山県の完訪を目指した。

残りの98局を目指していたところ、一時閉鎖中の再開簡易局と移転改称局がそれぞれ1局発生して

これらを含み、都合100局の訪問により備中国ならびに岡山県の完訪となった。

和歌山県は、県内の75%を訪問していて、残り25%にあたる80局を訪問することで紀伊国ならびに

和歌山県の完訪となった。

会津地域は、全119局のうち9局のみの訪問に過ぎなかったため100局訪問を目指していたところ、

一時閉鎖中の再開開始簡易局が1局発生し、これを含めて101局を訪問した。

                                                        2016年初夏   稲生



香川・福島

引き続き2015年の訪問結果を紹介しておこう。

2015年は、香川・福島であった。

香川県は、いよいよ四国の一角の完訪を目指した。

県内の7割近くは訪問していて、西讃地域にあたる68局および移転改称局1局が残っていた。

1島1局の離島5島を含み、無事に完訪し、讃岐国ならびに香川県を完訪となった。

福島県は、全515局のうちの3分の2を訪問していて、残り3分の1にあたる169局の訪問を目指した。

かなりの局数であったが鋭意訪問していった結果、168局を訪問できたものの、1局が残り、

途中で一時閉鎖中の再開簡易局と再開局がそれぞれ1局発生して、残り3局となり完訪はできなかった。

福島県内の浜通り地域では、原発の影響で一時閉鎖中の局もかなりあり、これらの再開開始を

願いつつ、順次訪問していくことにした。

                                                        2016年初夏   稲生


鳥取・徳島・栃木

引き続き本年・2016年のコンセプトを紹介しておこう。

鳥取県は、中国地方において、岡山県に続いての完訪県を目指している。

県内の63%を訪問していて、残り36%となる86局を訪問していくのだが、すでに1回目を3月に実施していて、

56局を訪問して残りは、いよいよ30局となっている。

徳島県も、昨年の香川県に続く、四国での2県目の完訪県を目指している。

県内の72%を訪問していて、残り28%となる64局を訪問していくのだが、こちらもすでに1回目を1月に実施していて、

40局を訪問して残りは、いよいよ24局となっている。

栃木県は、群馬県に続く北関東の2県目の完訪県を目指している。

県内の62%を訪問していて、残り38%となる134局を訪問していくのだが、すでに1回目を2月に実施していて、

62局を訪問しており、残りは72局となっている。

番外編としては、沖縄・北海道の旅行貯金としての初訪問と、日帰りでの東京・大阪訪問なども行っていきたい。

                                                        2016年初夏   稲生



インデックスへ