HOME

NEWS

UFO観測
リポート

C・L・S

PROFILE

MAIL

LINK

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

N E W S  

(2017/02/12) 他の惑星の人々の生き方が地球に広まるということが、今現在の地球の状況からして、本当にあり得るだろうかと考えてしまいます。

しかし何かのきっかけがあれば(この例えがいいかわかりませんが)携帯やスマホがこれだけ地球のあちこちに広まったのと同様のことが起こる可能性はあります。希望があるのだろうかと嘆く気持ちが出てきてしまうのもわかりますが、小さくても良いからいつかは地球も他の惑星のようになるのだという信念を持ち続けることが大切なことです。

(2017/01/02) 新年あけましておめでとうございます。本当に久しぶりの更新となってしまい、申し訳ありません。今現在は、アダムスキーのことなどはほとんど取り上げられることもなく、完全に過去の事とされているのでしょうか。

 しかしそのような状況も逆にチャンスです。変に取り上げられて余計な雑音が入ってくるよりは、集中して学ぶことができると考えます。

(2016/08/13) 今現在、地球上で起きている出来事を見ていると、ふとブラザーズが公の場所に姿を現してくれたら・・・と考えてしまうことがあります。しかしそれは大混乱を引き起こすことになりかねないし、よほどのことでもなければありえないことでしょう。彼らは静かにひっそりと地球に対し、援助を行ってくれているとのことですが、そのことについて何もアピールしてはいませんね。私達は何かあると、つい「そう、あれは・・・」と口に出してしまうのが彼らと違うところです。

 アダムスキーの著書を読むと、宇宙の意識は、人間が自ら宇宙の意識との一体感を認識し、そこへ帰っていくのをとてつもない長い間待ってくれているといった内容のことが書かれています。

 ブラザーズも日々そのような生き方をして生活しているわけですが、地球への援助も賞賛を要求するのではなく、淡々と行ってくれています。私達も彼らの生き方を目標としたいのであれば、まず自身をしっかりと見つめ、謙虚な気持で日々を生きていくことが大切なのではないでしょうか。

Copyright (C) 2002-2017 Orthon's Creek. All Rights Reserved.

 

 

 

ARCHIVE

120629〜120720

120729〜121029

130101〜130524

130728〜131208

140102〜140506

140706〜150103