運営者に
メールを送る
>>
Top
当会について
会の活動
病院との交渉
被害者の声
会報
資料
竹下裁判
読者の感想
雑記帳
リンク集
更新履歴





ニュース


内部告発文書                        平成21年6月25日

内部告発の趣旨
整形外科診療科長奥山邦昌、医長丹治敦は、兼業を禁止する地方公務員法服務規程、倫理規則に抵触すると考えるので、厳罰に処することを求めます。

告発事実
@地方公務員法・服務規程違反
整形外科診療科長奥山邦昌は、平成21年4月より、毎週土曜日午前9時より三郷中央総合病院において、外来診療を行い報酬を得ております。この行為は地方公務員法・服務規程に違反すると思われます。

A地方公務員倫理規則違反
整形外科診療科長奥山邦昌、医長丹治敦は、平成21年4月ジンマー株式会社(担当:青木亮、大場俊)よりの高額接待、平成21年4月15日19時より、末廣寿司(静岡市清水区)において、帝人ファーマ(担当:横山省吾)よりの高額接待、平成21年5月14日よりの日本整形外科学会において、ジンマー株式会社よりの高額接待、その他、ロバート・リード商会、小野薬品よりの高額接待を受けております。

その見返りとして、手術器具の選定、薬品の選定に便宜を図っています。
上記利害関係者との行為は、地方公務員倫理規則に抵触すると思われます。

以上の行為は地方公務員法・服務規程、地方公務員倫理規則に抵触すると考えます。厳罰に処することを求め、自己保身のため匿名ではありますが、静岡市長、静岡市立病院長、静岡県警察、清水警察署、朝日新聞編集部、静岡新聞編集部、医療用医薬品製造販売業公正取引協議会へ当文書を送らせていただきます。





              雑記帳TOPへ

 

Copyright(C) 1997-2017. 静岡市立清水病院から被害をなくす会