運営者に
メールを送る
>>
Top
当会について
会の活動
活動年表
「ボランティアEXPO2001・しずおか」 2001.11.03・04
厚労省へ指導願い 2003.01.10
坂口力厚生労働大臣宛要望書 2003.05.06
第4回総会報告 2003.05.10
研修医派遣中止要望書 2003.09.03
日本医療機能評価機構への要望書
2003.09.30
市議宛陳情書 2004.02.27
作田明理事長宛質問状 2007.07.20
病院との交渉
被害者の声
会報
資料
竹下裁判
読者の感想
リンク集
更新履歴

会の活動

活動年表

1997年
(平成9年)
・(財)日本医療機能評価機構が清水市立病院を「質が高い」と認定証発行
1998年
(平成10年)
・原告団(原告4名)を結成し財団に抗議
・清水市で慶應病院放射線科医近藤誠氏の講演会開催。講演会を機にもうひとりの原告が声を上げ5人の原告(産婦人科2名・外科2名・脳外科1名)が集う
『いのちジャーナル』に掲載(2回)
1999年
(平成11年)
別冊宝島『病院に殺される!』に掲載
・市議会で病院問題が取り上げられる
・清水市で近藤誠氏、医療消費者ネットワークMECON代表世話人清水とよ子氏の講演会開催
2000年
(平成12年)
「清水市立病院から被害をなくしより良い病院にする会」設立
・「清水市立病院懇話会」設立
「通信No.1」発行
「要望書その一」、病院からの回答
・小坂昭夫副院長退職
「通信No.2」発行
「要望書その2」、病院からの回答
「通信No.3」発行
日本消費者新聞に会紹介原稿掲載
別冊宝島『病院に殺される!』文庫
「要望書その三」、病院からの回答1―懇話会議事録公開
・大阪毎日放送『ボイス』で放送される
「通信No.4」発行
2001年
(平成13年)
・病院からの回答2―懇話会は非公開(傍聴拒否)
「通信No.5」発行
・ 石原直毅院長退職・鉄宏冶事務部長異動、重野幸次院長・木口直充事務部長着任
「通信No.6」発行
・テレビ朝日『サンデープロジェクト』で放送される
第2回総会と講演会『医療問題と患者の権利について考えてみませんか』(福地直樹弁護士)開催
・会のホームページ開設・会のメーリングリスト開設
「要望書その4」
「通信No.7」発行
・病院からの回答――院長と会員との話し合い承諾。清水市立病院懇話会の傍聴及び委員参加拒否
「通信No.8」発行・会員アンケート実施
・内閣府・静岡県主催『ボランティアEXPO2001・しずおか』に出展
・院長と会員代表との話し合い
「通信No.9」発行・会員アンケート集計結果
2002年
(平成14年)
「通信No.10」発行
第3回総会開催
「通信No.11」発行
・会紹介パンフレット作成(9月)
・市長と院長あて公開質問状発送、病院からの回答
月刊現代1月号に『虚像の名医』掲載
・「第6回日本健康福祉政策学会学術大会」参加
「通信No.12」発行
・被害者家族と病院側との話し合いに立会い
2003年
(平成15年)
厚労省へ指導願い送付
「通信No.13」発行
・『ローテーション人事の弊害・背景に医局制度』毎日新聞掲載
・坂口厚生労働大臣あて木村副大臣解任要望書を送付
第4回総会と新市誕生記念講演『成人病の真実』(近藤誠氏)開催
・「静岡市立清水病院から被害をなくす会」に名称変更
テレビ朝日『ザ・スクープスペシャル』で放送される
「通信No.14」発行
・新潮45、8月号に医療過誤リピーター『死神病院』に掲載
・慶應義塾大学病院卒後臨床研修センター責任者あて研修医派遣中止の要望書送付
・(財)日本医療機能評価機構あて再評価の審査、認定に際しての要望書送付
・全国4市民グループによる市民会議で決議された「医療ミスの公正な解決策を求める市民の要望書」を厚生労働省、司法へ提出 
・被害者アンケート実施
2004年
(平成16年)
・被害者アンケートをもとに、市議会へ「市立病院の医療の充実を求める陳情書」を提出。不採択
・会設立のきっかけとなった乳がん訴訟地裁判決(その後、双方控訴)
・HPの掲示板で活発な意見交換。病院職員の激しい書き込みによって掲示板が乱れたため、一時中断中。
・常勤麻酔科医がいない現状に対して市民が安全な手術を受けられるよう要望書提出。病院と質問回答やりとり
「通信No.15」発行
2005年
(平成17年)
・被害者家族と病院側が示談成立事故一覧Mさん
「通信No.16」発行
・口腔外科の被害者家族から相談を受ける(事故一覧Pさん
・HP改訂版公開。改訂に伴い投稿欄新設
2006年
(平成18年)
・会設立のきっかけとなった乳がん訴訟高裁判決(その後、上告
・HP投稿欄を通じ、肩の手術の際、手術器具の破片(電気メスの先端)が残存したと医師から告げられた家族から相談
2007年
(平成19年)
・直腸がん手術で失血死訴訟、和解(事故一覧Jさん
・両側慢性副鼻腔炎手術で後遺症事故、和解(事故一覧Oさん
・脳外科手術の被害者、調停申し立て。不成立(被害者の声・岩田登さん
・HP投稿欄を通じ、小坂元副院長の現勤務先(八王子北部病院)職員からセクハラ相談。弁護士を紹介し相談に立ち会う。被害者を取材した原稿をHPに掲載。示談交渉合意に向けて掲載原稿を自主的に削除。示談成立
・口腔外科の被害者提訴事故一覧Pさん
・「通信No.17」発行
・清水病院勤務当時「乳房フェチ」と言われていた小坂元副院長が現勤務先(八王子北部病院・診療科目:内科、リハビリテーション科)で乳がん検診(視触診のみ)をやっていることが判明。被害をくい止めるために作田明理事長あて質問状送付
・会設立のきっかけとなった乳がん訴訟上告棄却。上告棄却について解説「裁判が終わって」をHPに掲載。寄せられた反響文を、その1その2その3その4として掲載
2008年
(平成20年)
・HPに雑記帳を新設
「異状死」「医療起因明らか」の記事をマスコミ報道に追加し、雑記帳に「また、被害者が」を掲載
2009年
(平成21年)

雑記帳「重野院長退職」情報を掲載。
雑記帳「乳がん誤診について」を掲載。
ニュース欄に、会にも送られてきた内部告発文書を掲載。その後の新聞記事市の調査結果と処分の新聞記事を掲載。
「医療事故一覧」に関係記事をリンク。
既刊主要雑誌記事の本文を掲載。
 
 月刊『いのちジャーナル』1998年11月号
              
199812月号
              1999年2月号
  
宝島社文庫『病院に殺される!』
「雑記帳」「読者の感想」にPさんの裁判傍聴記を掲載。

2010年
(平成22年)
雑記帳「アクセス件数10万件突破!」を掲載。
雑記帳「会設立10年」を掲載。
「雑記帳」「映画『BOX 袴田事件 命とは』を見て」を掲載。
「乳がん誤診が全国で」−検診キャンペーンに警鐘−と題して新しいページを作り、開設の目的と2010年夏に誤診を知らされた女性からの投稿を掲載。
・循環器内科訴訟(Qさん)の第1回口頭弁論の報道記事を掲載し、事故一覧に追記。
「読者の感想」乳腺外科患者からの投稿を掲載。
・近藤誠著「あなたの癌は、がんもどき」(梧桐書院)を■お薦め図書■としてトップページ左目次欄に掲載。
2011年
(平成23年)
・トップページに近藤誠先生の新刊本「抗がん剤は効かない」と、「放射線被ばくCT検査でがんになる」の出版案内を掲載。
・全国各地の誤診「乳がんではなくて手術された記事」に新たな誤診記事を追加。
・子宮がん手術で後遺障害を受けた患者に、病院側が損害賠償金を支払うことで合意したと報じた記事静岡新聞記事事故一覧に追記。
雑記帳に、『あなたの癌は、がんもどき』(近藤誠著・梧桐書院)(以下、『がんもどき本』と表記)1刷と、2刷以降とで違う記述についてと題して掲載しました。
雑記帳「あれから20年」を掲載しました。
 2012年
(平成24年)
・トップページに近藤誠先生の新刊本「がん放置療法のすすめ」(文春新書)の出版案内を掲載しました。
雑記帳に体験談「自分のからだは自分で考える」を掲載しました。
雑記帳「「風土病は何処へ」を裏付ける乳癌手術件数」を掲載しました。
雑記帳「富士見産婦人科病院元院長北野千賀子の医師再免許を求めた裁判傍聴記」を掲載しました。
雑記帳に、「DNA鑑定のこと――裁判所が科学を否定できるのか」を掲載しました。 
雑記帳に、「わかっていたことを後から知るつらさ」を掲載しました。
マスコミ報道に、日刊ゲンダイ記事(2011年3月1日(28日発行))を追記し、記事全文を掲載しました。
雑記帳渡辺容子さんの遺作、『「乳がんです」と言われたら、あわてて切ってはいけない!』(径書房)が出版されました。」と題して掲載しました。
・トップページに、「医療消費者ネットワークMECON」で行われる近藤誠先生の講演会「がん放置療法のすすめ」の案内を掲載しました。
マスコミ報道に、「患者死亡、医師書類送検」報道記事を追記しました。
・トップページに、近藤誠先生が菊池寛賞受賞を掲載しました。
「雑記帳」に、「菊池寛賞を受賞した近藤誠先生のこと」を掲載しました。
マスコミ報道に、「患者死亡、医師を不起訴」報道記事を追記しました。
・「「乳がん誤診が全国で」−検診キャンペーンに警鐘」のページに、主治医の急死で誤診を知った女性(京都府在住)の訴状を掲載しました。
2013年
(平成25年) 
雑記帳 ドキュメンタリー映画「がん・容子の選択」上映会のお知らせ」を掲載しました
「雑記帳」「清水病院乳腺外科について」を掲載しました。
「清水病院医療訴訟、静岡市争う姿勢」報道新聞記事を掲載しました。マスコミ報道追記し、「事故一覧」にも「Sさん」として追記しました。
「雑記帳」に、乳がん手術と抗がん剤の後遺症」を掲載しました。
「雑記帳」に、「近藤誠がん研究所・セカンドオピニオン外来」のことを掲載しました。
・トップページに映画『いのちを楽しむ〜容子とがんの2年間』のロードショーが始まったことを掲載しました。
「雑記帳」に、「富士見産婦人科病院被害者同盟から、前回期日の報告と、次回期日の案内がきました」を掲載しました。
「清水病院で医療事故 透析患者が死亡、未公表 静岡」報道新聞記事を掲載しました。マスコミ報道追記し、「事故一覧」にも「Tさん」として追記しました。
「ドキュメンタリー映画『いのちを楽しむ〜容子とがんの2年間』のアンコール上映が決定しました。ビデオプレスの松原明さんからの案内メールを転載します」を「雑記帳」に掲載しました。
「雑記帳」に、「富士見産婦人科病院被害者同盟から、前回期日(判決)の報告がきました」を掲載しました。
「雑記帳」に、「富士見産婦人科病院被害者同盟から控訴審の案内がきました」を掲載しました。
「雑記帳」に、「ルポライター米本和広氏の大腸がん闘病記の紹介」を掲載しました。
「雑記帳」に、「富士見産婦人科病院被害者同盟から北野千賀子控訴取り下げのお知らせがきました」を掲載しました。
 2014年
(平成26年)
「乳がんではなくて手術された記事」に兵庫・高砂市民病院で乳がんと誤診断、別の病院で切除された報道を追記しました。
「遺族と示談成立へ・清水病院の医療事故」が報道され、「静岡新聞記事」と、「マスコミ報道一覧」に追記しました。(「事故一覧」Tさん)
・誤って切除された「乳房」・・・乳がん患者の「検体」が間違えられ、これでは患者は身を守れない(MSN産経ニュース関西版2014.7.2 07:00)が報道。
「乳がん誤診が全国で」のページに記事全文を転載しました。
「乳がん誤診が全国で」のページに、「乳がん誤診報道に関連したテレビ取材顛末」を掲載しました。
「遺族と和解が成立・清水病院の医療事故」が報道され、「静岡新聞記事」と、「マスコミ報道一覧」に追記しました。(「事故一覧」Tさん)
・ 「雑記帳」に、「潰瘍性大腸炎のこと」を掲載しました。
2015年
(平成27年) 
・ 「「止血治療で死亡」原告の請求棄却・清水病院医療訴訟」が報道され、「静岡新聞記事」と、「マスコミ報道一覧」に追記しました。(「事故一覧」Sさん)
・トップページに近藤誠医師の新刊本『近藤誠の「女性の医学」』(集英社)が発刊された案内を掲載しました。
「雑記帳」に、「潰瘍性大腸炎の経過報告」を掲載しました。
「雑記帳」に、「外科医の技量のこと」を掲載しました。
「雑記帳」に、「リンパ浮腫のこと」を掲載しました。
「雑記帳」に、「潰瘍性大腸炎再燃―スカイクリニック漢方との出会い」を掲載しました。
「雑記帳」に、元気が出る「コンサートのお知らせ」を掲載しました。
「雑記帳」に、「近藤誠著『がん治療の95%は間違い』のご紹介」を掲載しました。トップページに口腔外科(Pさん)の次回期日を掲載しました。
・ 全国各地の誤診(乳がんではなくて手術された記事)に、千葉県がんセンター検査結果取り違え患者の乳房誤摘出報道記事を追記しました。
 2016年
(平成28年) 
「市立病院死亡訴訟 静岡市と原告和解 カテーテル治療」が報道され、「静岡新聞記事」と、「マスコミ報道一覧」に追記しました。(「事故一覧」Qさん)
「清水病院損賠請求 静岡市、和解見通し」が報道され、「静岡新聞記事」と、「マスコミ報道一覧」に追記しました。(「事故一覧」Pさん)
「雑記帳」「潰瘍性大腸炎のその後―腸内フローラ移植を受けました」を掲載しました。
「雑記帳」『がんは治療か、放置か 究極対決』(毎日新聞出版)本ご紹介」を掲載しました。
「読者の感想」に、「自著の紹介」を掲載しました。

 

Copyright(C) 1997-2017. 静岡市立清水病院から被害をなくす会