運営者に
メールを送る
>>
Top
当会について
会の活動
病院との交渉
被害者の声
会報
資料
医療事故一覧
旧清水市立病院決算と患者数の推移
清水病院の弁明書
第5回 清水市立病院懇話会議事録
第6回 清水市立病院懇話会議事録
清水市立病院の手術件数(平成12年度版)
清水市立病院の手術件数(平成4・11年度)
麻酔科医師不足の現状の報告と解決への提案
総会で出された声(平成13年6月30日)
病院からの回答に対する、会員アンケート集計結果
▼マスコミ報道
主要雑誌記事
静岡新聞
毎日新聞
ニッポン消費者新聞
テレビ朝日「ザ・スクープ スペシャル」
『月刊現代』
03年1月号
 日刊ゲンダイ
竹下裁判
読者の感想
リンク集
更新履歴

資料

●マスコミ報道一覧

出典を明記していない報道記事はいずれも静岡新聞。< > 内は記事見出し。03年5月作成。12年5月、8月、10月追記。13年3月追記。13年7月追記。14年6月追記。14年7月追記。15年1月追記。16年2月追記。16年3月追記。17年4月追記。
1982年 10月 本館改築(旧病院)。(病床数136床から232床に)
1989年 5月 移転新築(351床に。91年に500床)
1991年 7月 出産直後に乳児死亡,妊娠できない身体になったとして清水市の夫婦が清水市立病院を提訴
1992年 4月 <「妻のがん死は医療ミス」夫らが清水市を提訴>
10月 <「夫の死は医療ミス」清水の親子が清水市立病院を提訴>
1996年 2月 <清水市の女性が清水市立病院を手術後に後遺症が残ったと提訴>
3月 <医療ミスと清水市の男性が清水市と担当医を提訴>
10月 出産時の切開手術ミスによる後遺症で清水市立病院を提訴(報道なし)
1997年 12月 <日本医療機能評価機構が「質の高い病院」に認定−清水市立病院>
<清水市立病院の評価認定で抗議−医療過誤原告団>
1998年 10月 <訴訟5件を抱えた病院が「いい病院?」>(『いのちジャーナル』11月号)
11月 <あの市立病院にしてこの乱暴医療>(『いのちジャーナル』12月号)
1999年 1月 <ひどい病院が噂にならないわけ>(『いのちジャーナル』2月号)
8月 <内部告発!「危ない」医師たちの巣くう清水市立病院のデタラメ医療>
(別冊宝島『病院に殺される』)
9月 清水市議会で別冊宝島の記事が議題にのぼり,市議から質問が出る。
10月 石原院長が病院内に「取材に応じるな」という通達を出す。
2000年 2月 <清水市民病院をより良い病院に−市民ら27日に「会」結成>
会結成の動きに病院側は有識者による懇話会の新設で対応。
<清水市立病院を良くする会が発足。患者ら70人が参加>
4月 小坂副院長退職(事実上の解雇)
5月 別冊宝島『病院で殺される』が文庫化
10月 大阪毎日放送「ヴォイス」(「よい病院わるい病院シリーズ」で清水市立病院の医療事故が取り上げられる)
2001年 3月 石原院長異動
6月 テレビ朝日「サンデープロジェクト」(「医療事故はなぜ続発するのかというテーマで清水市立病院の医療事故のことが取り上げられる)
10月 <清水市立病院の乳癌訴訟 故意傷害を新たに主張>(サンケイ新聞)
12月 <談合疑惑で延期の入札、情報通りの業者が落札−清水市立病院>
 ※病院は問題なしとして契約を結ぶ。
2002年 5月 <医療機器入札で事前談合の情報−清水市立病院>
※入札は延期されたが、その後「談合の確証なし」として入札を行う。
8月 <「手術ミスで失血死」遺族が清水市を提訴>
9月 <心疾患を誤診で男性死亡/清水市立病院 遺族に謝罪。1500万円和解>
12月 <虚像の名医・乳癌を切りまくった医師に問う>(『月刊現代』03年1 月号)
2003年 1月 <清水市立病院の医療事故死亡患者 感染症兆候のまま退院。会見で重野院長、判断ミスを認める>(毎日新聞)
3月 <清水市立病院医療事故問題 ローテーション人事の弊害 背景に医局制度>(毎日新聞)
4月 静岡市と清水市が合併し,静岡市立清水病院に名称変更。
累積赤字が35億円に膨れる。
5月 テレビ朝日「ザ・スクープスペシャル」(5月18日)で「告発!虚飾のガン名医」を放送。動画配信
2004年  3月  <乳がん手術訴訟 市に250万円支払い命令
傷害の訴え退けるーー地裁判決/静岡>
(毎日新聞)
2005年  2月 <清水病院の医療事故:2年余を経て、遺族と示談成立へ
ミス一部覆し成立遅れ>
(毎日新聞)
2007年  2月 <静岡市 医療ミスなど3件、損害賠償2710万円支払で和解へ>
 6月 <静岡市側は争う姿勢> 
2008年   12月 <静岡市立清水病院 男性患者が「異状死」心筋梗塞の治療後>
<静岡市立清水病院「異状死」
「医療起因明らか」遺族側が謝罪要求>
2009年   7月  <6医師業者から接待
静岡市立清水病院診療科長は兼業も 市が処分検討>
<清水病院接待 診療科長を減給処分
静岡市 医師5人口頭注意>
2010年   8月 <「医療ミスで死亡」静岡・清水病院
男性患者 遺族、市を提訴>
10月 <「静岡市側、争う姿勢」清水病院の心臓治療死訴訟>
2011年   3月 <がん医療の現場で”犯罪的”な診療行為>(日刊ゲンダイ)
 9月 <がん手術で後遺障害 静岡市、800万円賠償へ>
2012年  10月 <患者死亡、医師書類送検
静岡市立清水病院 心臓カテーテル治療>

<患者死亡、医師を不起訴  静岡地検
静岡市立清水病院 心臓カテーテル治療>
 2013年 3月 <清水病院医療訴訟
静岡市争う姿勢>
7月 <清水病院で医療事故
透析患者が死亡、未公表 静岡>
2014年  6月 <遺族と示談成立へ
清水病院の医療事故>
 7月 <遺族と和解が成立
清水病院の医療事故>
2015年  1月  <「止血治療で死亡」原告の請求棄却
清水病院医療訴訟>
 2016年 2月 <市立病院死亡訴訟
静岡市と原告和解 カテーテル治療>
 3月 <清水病院損賠請求
静岡市、和解見通し>
 4月 <赤字膨らむ静岡市立清水病院 医師確保に苦慮>(朝日新聞デジタル2016年4月17日09時13分野口拓朗)
http://www.asahi.com/articles/ASJ4K31LDJ4KUBQU003.html
 2017年  4月 <静岡市
医療事故で遺族と示談
補正予算案に2200万円計上へ>

 


Copyright(C) 1997-2017. 静岡市立清水病院から被害をなくす会